ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 消化器内科

消化器内科


診療科長 准教授
長濵 正亞
   昭和大学藤が丘病院 消化器内科は、消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、胆嚢、膵臓の良性・炎症性疾患や、がんなどの悪性疾患全般を対象に診療と研究を行っております。特に内視鏡診療では上下部消化管内視鏡、小腸内視鏡、カプセル内視鏡、超音波内視鏡(EUS)、超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)での診断と食道、胃、大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)や内視鏡的胆管結石治療、EUS下インターベンションなどの治療内視鏡を積極的に行っています。また消化管出血、急性胆管炎の緊急胆道ドレナージといった緊急内視鏡も救命センタ—と連携し救急対応を行っております。さらに平成22年度より消化器外科とともに消化器センターとしての診療を開始し内科・外科と密接な協力体制を確立しており、特にがんの診療については消化器内科、消化器外科、腫瘍内科・緩和医療科、放射線科でCancer Boardを週一回開催し、最適な診療方針を決定し実践しております。
   近年の高齢化社会の到来により、1つの疾患だけでなくさまざまな合併症を有する方が増えております。また侵襲的な検査・治療を望まない方、切除可能ながんであっても緩和を望まれる方など患者さんの治療ニーズにも変化が生じております。そのような中で低侵襲な内視鏡診断・治療の必要性は高まっており、今後もますます広がっていくと思われます。これからも安全で確実な診療を行えるようスタッフ一同協力して頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
 

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30