ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 腫瘍内科・緩和医療科

腫瘍内科・緩和医療科

診療科長 教授
市川  度
   近年悪性新生物、すなわちがんによる死亡者数は、依然として上昇し、今や、日本人の2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで命を落とす時代になりました。とりわけ、最初から原発巣と離れた部位に転移を認める場合や、手術をした後に再発する場合には、その治療成績は、必ずしも満足できる状況ではありません。「腫瘍内科」は、このような状況に置かれたがんの患者さんに対して薬物療法を中心として治療する、いわば抗がん剤治療の専門診療科です。
   近年わが国でもがん専門病院だけではなく、全国の大学病院や総合病院でも診療科としての「腫瘍内科」が次第に広まりつつあります。2014年10月に昭和大学藤が丘病院腫瘍内科は発足し、2015年4月には昭和大学藤が丘病院腫瘍内科・緩和医療科に改組された、昭和大学藤が丘病院内科の中でも新しい診療科です。

   われわれは、がんで苦しんでいる患者さんに対して、

1 最新の標準治療からなる薬物療法を提供し、わが国で最高水準の治療成績をめざします。

2 腫瘍内科医だけではなく、腫瘍外科医、放射線腫瘍医、緩和医療医など関連する各診療科の医師や、看護師、
     薬剤師、栄養士およびソーシャルワーカーとともに優れたチーム医療を提供することで、患者さんにとって満足度の
     高いがん医療の提供に努めます。

3 治験などに代表される研究的医療を提供することにより、次世代の治療の開発を推進します。

   また、医学教育については、医学部学生への教育と共に「腫瘍内科医」をめざす若い医師を積極的に受け入れ、「がん薬物療法専門医」などの専門医資格と医学研究を通じた学位の取得を後押しします。随時全国から研修を希望する医師や医学部の教員として共に働く腫瘍内科医を受け入れます。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30