ホーム > 診療科のご案内 > 部門のご案内 > 臨床病理検査室

臨床病理検査室

   臨床病理検査室は、病気の診断には欠かせない「臨床検査」を主な業務としています。臨床検査は、検体検査(血液、尿など)と生体検査(心電図検査や超音波検査など)に大きく分かれます。また、輸血・細胞治療に関わる検査、手術中に採取した組織の迅速検査や細胞の検査も行っています。
 これらの業務に対して国家資格を有する臨床検査技師が、効果的な診療を支援するために迅速で精度の高い検査結果を提供することはもちろん、関連学会が認定する資格の取得・維持に日々取り組んでいます。

臨床病理検査室の構成

臨床検査は、各検査室に分かれ、さまざまな検査を行っています。

院内活動への参加

 臨床検査の専門家として院内の様々なチーム医療(感染対策チーム、栄養サポートチーム、重症下肢虚血チームなど)に参加し、各職種と協働しています。
 


ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30