ホーム > 病院のご案内 > 病院理念

病院理念

昭和大学の理念

本学は、創設者である上條秀介博士の「国民の健康に親身になって尽せる臨床医家を養成する」という願いのもとに設立された。その後、医学部・歯学部・薬学部及び保健医療学部の四学部からなる医系総合大学に発展し、人々の健康の回復・維持・増進に貢献すべく、医療に携わる多くの専門家を輩出してきた。

価値観が多様化し、社会構造の変化が地球規模で進む現在では、人々の医療に対する要求は多様かつ高度になり、医療のあり方もそれぞれ専門領域で深化するとともに分化してきた。その一方で、多種の医療専門職が互いに連携して克服すべき課題も生じ、専門領域の新たな統合も模索されてきている。

このような時代の要請に対して、本学こそ、医系総合大学という特長を生かして、専門領域の深化と連携をはかり、知の新たな創造をめざすにふさわしく、また、その達成が可能であると自ら信ずるものである。これまでにも増して、建学以来受け継がれてきた「至誠一貫」の精神を体現し、真心を持って国民一人一人の健康を守るため孜孜として尽力することを本学の使命とする。

昭和大学藤が丘病院の理念

“まごころ”を尽くし、以下の目標を達成します。

  1. 医療の質・安全の向上
  2. 患者本位の医療
  3. 地域への貢献
  4. 医療人の育成

昭和大学藤が丘病院の基本方針

  1. 大学病院として先進的医療を提供します。
  2. 説明と同意のもとに患者さんに最善の医療を提供します。
  3. 病々・病診連携を推進し急性期医療に対応します。
  4. 安心・安全な医療を提供すべく教職員を教育します。
  5. 信頼される人間性豊かな医療人を育成します。
  6. 病院職員が働きやすい環境整備に努力します。

患者さんの権利

医療は患者さんと医療従事者(医療機関)との十分な信頼関係の上で成り立っています。昭和大学藤が丘病院は、すべての患者さんの下記の権利を尊重した医療を行います。

  1. 安全で良質な医療を受ける権利。
  2. 各人の人格が尊重された医療を受ける権利。
  3. 個人の希望や意見を述べる権利とともに、希望しない医療を拒否する権利。
  4. 解りやすい言葉と方法で、納得できるまで説明と情報を受ける権利。
  5. 十分な説明と情報を受けた上で、治療方法などを自らの意思で選択する権利。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30