ホーム > 最新情報一覧(2017年) > 平成29年度大規模地震時医療活動訓練に参加しました

平成29年度大規模地震時医療活動訓練に参加しました

2017年7月31日

平成29年7月29日(土)、大規模地震時等医療活動訓練が開催され、昭和大学藤が丘病院DMAT(医師1名、看護師2名、業務調整員1名)も参加しました。

今回は三重県、和歌山県などで最大震度7の南海トラフ地震が発生したとの想定で、当院DMATは三重県の参集拠点本部に参集し、その後、三重県伊勢庁舎にてDMAT活動拠点本部として訓練を行いました。活動拠点本部では、災害拠点本部へのDMAT派遣調整や保健所との連携を図るなどの役割を果たしました。


  • 今回の訓練に参加した当院のDMAT(右から佐々木医師、小林看護師、佐藤看護師、小泉業務調整員)







DMAT
"Disaster Medical Assistance Team"の頭文字をとって「ディーマット」と呼ばれる災害派遣医療チームのことです。チームは、医師、看護師、業務調整員(看護師以外の医療職、事務職員等)から構成されており、大地震及び航空機・列車事故といった大規模災害時に被災地に迅速に駆け付け救急治療を行います。この活動を担うには、厚生労働省の認めた専門的な研修・訓練を受ける必要があります。

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2017年)」に戻る

    • 平成29年度大規模地震時医療活動訓練に参加しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30