ホーム > 最新情報一覧(2017年) > 九県都市合同防災訓練に参加しました

九県都市合同防災訓練に参加しました

2017年9月6日

平成29年9月1日(金)に行われた九都県市合同防災訓練に昭和大学藤が丘病院DMAT(災害派遣医療チーム)が参加しました。
今回の訓練は、小田原市沖を震源地とする最大震度7の大地震の想定の下、消防、警察、自衛隊、在日米軍、医療部隊など100を超える機関が連携し、医療救護活動を実施するものでした。
その中で、藤が丘病院DMATは、DMAT調整本部の運営を担うこととなりました。
調整本部では、通信機器を駆使し、各地で活動している現場の需要と供給を把握し、的確に資器材の援助や患者搬送のための移動手段を現場に手配するなど非常に重要な役割を果たしました。

※九都県市とは、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・横浜市・川崎市・千葉市・さいたま市・相模原市の9ヶ所を指します。



  • 左より栗原看護師、前田医師、志村看護師、佐々木医師、小泉業務調整員

  • 調整本部にて本部長を務める佐々木医師

  • 調整本部を運営したDMAT隊

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2017年)」に戻る

    • 九県都市合同防災訓練に参加しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30