ホーム > 最新情報一覧(2019年) > 麻しんを疑う場合の受診について

麻しんを疑う場合の受診について

2019年6月3日

麻しん(はしか)が流行しております

国内で麻しん患者の報告が急増しております。
①の両方 かつ②のうち1つ以上に該当する場合、麻しんの疑いがあります。
当院を受診する場合、必ず事前に電話(045-971-1151)にてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

①両方に該当する
・2日以上継続した発熱(38℃以上)
・全身の赤い発疹

②どれか1つに該当する
・目の充血 ・せき ・鼻水
・職場や学校、家族等で麻しん発症者がいる

麻しんは強い感染力があり、同じ空間にいるだけで感染することがあります。事前のご連絡なしに来院された場合、周囲の患者さんが感染する可能性がございます。感染拡大を防ぐため、ご協力をお願い申し上げます。

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2019年)」に戻る

    • 麻しんを疑う場合の受診について
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30