ホーム > 受診のご案内 > かかりつけ医制度

かかりつけ医制度

昭和大学藤が丘病院では「かかりつけ医」と診療分担を明確にして、患者さんの健康管理を地域全体で行い、安心して受診いただけるような地域医療連携を推進しています。

かかりつけ医とは

患者さんやご家族の日常的な治療、健康管理を考えてくださる地域の身近で気軽に相談できるお医者さんです。
かかりつけ医を持つことにより、長年にわたる信頼関係を培うことにつながり、いざという時に的確な診察を行ってくれます。
まずは身近でお役に立つ「かかりつけ医」を持ちましょう。

かかりつけ医の役割

日常生活に密着した診療を行い、患者さんの初期医療に当たります。
「かかりつけ医」は、患者さんの病状により重症な患者さんや高度な診療、検査等が必要と判断した場合は診療情報提供書(紹介状)を作成し、昭和大学藤が丘病院での診療を案内します。

昭和大学藤が丘病院の役割

当院は「かかりつけ医」の先生から紹介のあった患者さんや、重症患者さんの急性期医療を行う病院です。
当院の診療後、症状が安定した患者さんについては「かかりつけ医」の先生のところに戻っていただき、治療を続けていただくこととなります。

かかりつけ医の紹介

当院に通院中もしくはご入院中の患者さんが「かかりつけ医」をお持ちでない場合、地域医療連携室を通じてお探ししています。まずは当院におかかりの医師にご相談ください。

当院の地域連携医療協力機関一覧(平成29年3月現在) (172KB)

連絡先

連絡先 045-974-6701 (地域医療連携室)

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学藤が丘病院 All Rights Reserved.
〒227-8501 神奈川県横浜市青葉区藤が丘1-30