ホーム > 病院のご案内 > 沿革

沿革

烏山病院は、大正15年に設立されたが、昭和26年に現在の昭和大学に寄贈され、以後大学の経営する精神病院として今日に至っている。開設された当時は、あたり一面桑畑であったとのことであるが、都市化の進行とともに今日では大都市圏に位置する精神科病院となっている。

昭和30年代になり、病院の近代化が図られ、病棟の開放化に積極的に取り組み、精神分裂病を中心とする精神障害者の社会復帰活動を重点的に推進してきた。病院から地域社会へ向けた社会復帰活動は昭和40年代から50年代にかけてのデイケアの拡大やプレホステルや障害者の共同住宅活動などに発展していくが、これらの活動に対する国の認定と共に作業療法施設基準、デイケア施設基準、福祉ホームの認可などをいち早く受け、また同時に家族会と共同して共同作業所やグループホームの運営にも活動を拡大してきた。

昭和時代の終焉までには、統合失調症を中心とする精神障害者のリハビリテーション活動の体系はほぼ完成した。しかし、病院施設の老朽化も重なり、新しい精神医療の展開が困難となったため、平成に入ると烏山病院総合整備計画が策定された。その第1期計画として外来管理棟を含めた中央棟の新築工事が着手され、平成8年4月に完成された。これにより、従来から進めてきた精神科急性期治療からリハビリテーションまでの一環した治療体系に加え、アルコール問題や時代に対応した老人の精神科医療分野にも新しい展開をはかることが可能となった。総合整備計画では、第2期計画としてさらに入院棟を新築し、アメニティの向上をはかり、多様な精神疾患の治療に対応できる都市型の精神病院に衣替えを図り、地域に密着した東京都の中核的精神料病院として新たな役割を担っている。

1926年 森崎半治先生により創設(定床92床)。
1951年 寄贈により学校法人昭和医科大学の附属病院となる。
1953年 精神衛生法(当時)による、東京都の指定病院となる。
1958年 生活療法の導入により全面的改革に着手、臨床チームによる治療活動を開始。病棟開放、レク・作業療法を介し。歯科診療を開始。
1960年 ナイトホスピタル、デイホスピタル開始。
1963年 生活療法拡大研究会発足。烏山病院患者家族会(あかね会)発足。
1964年 「学校法人昭和医科大学」を「学校法人昭和大学」に名称変更。それに伴い当院を「昭和大学附属烏山病院」と名称変更。
1966年 精神衛生法改正問題の活動により、第1回呉秀三賞を受賞。
1974年 精神科作業療法施設基準承認。
1975年 共同住宅(烏山ハイツ)開設。
1978年 烏山病院社会復帰後援会(ちぐさ会)発足。デイケア・センター新設(1980年施設基準承認)。
1979年 共同住宅発足(ちぐさ会と共同運営)。
1985年 ちぐさ作業所開所(ちぐさ会運営)。
1988年 新精神保健法施行、共同住宅(烏山ハイツ)を精神障害者福祉ホームに切り替え施設基準承認(病院経営となる)。
1993年 烏山病院総合整備計画が昭和大学理事会にて承認。
1994年 烏山病院総合整備計画第一期工事(中央棟)着工。
1995年 外来投薬を院外処方に切り替える。新看護基準導入。
1996年 烏山病院中央棟竣工(アルコール精神疾患治療病棟・老人性痴呆疾患治療病棟・リハビリセンターの開設)。昭和大学附属秋田外科病院閉院に伴い、その診療機能の一部を烏山病院へ移転。
1997年 定床を463床から456床へ変更。医療連携室発足。
1998年 訪問看護室発足。
2001年 烏山病院総合整備計画第二期(入院棟)工事着工。
2002年 烏山病院入院棟竣工。売店「ひまわり」開店(ちぐさ会運営)
2003年 定床を456床から454床へ変更。「精神科急性期治療病棟入院料Ⅰ」届出。
2007年 日本医療機能評価機構「病院機能評価 精神科病院版ver5.0」認定。電気けいれん療法(ECT)室竣工。
2008年 患者相談窓口としてメディカルサポートセンター発足。診療録管理室発足。
2009年 精神科救急入院料Ⅰ届出。定床を454床から433床に変更。特別病棟開設。定床を433床から414床に変更。
2010年 2病棟目の精神科救急入院料Ⅰ届出。定床を414床から393床に変更。
2011年 臨床薬理研究センター開設。定床381床(精神337床、一般44床)に変更。
2012年 日本医療機能評価機構「病院機能評価 精神科病院版ver6.0」認定。
2013年 発達障害医療研究センター開設。定床340床(精神296床、一般44床)に変更。
2014年 臨床薬理研究センターが臨床薬理研究所に名称変更。発達障害医療研究センターが発達障害医療研究所に名称変更。
2015年 薬局を2階から1階に移設し、外来患者の院内調剤を開始。
2016年 「精神科急性期治療病棟」届出。
2017年 5月1日より電子カルテの運用開始。
2018年 訪問看護室を閉鎖。
メディカルサポートセンターが総合サポートセンターに名称変更。
売店「ひまわり」が閉店し、「生活彩家」が新規開店。
共同住宅(烏山ハイツ)取壊し。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学附属烏山病院 All Rights Reserved.
〒157-8577 東京都世田谷区北烏山6-11-11 (代表)03-3300-5231