ホーム > 病院のご案内 > 病棟のご案内

病棟のご案内

当院は精神科病床6病棟を有し、それぞれの病状にあった入院治療を提供しております。入院中は早期回復を目標に、精神療法・薬物療法・リハビリテーションプログラム(作業療法SST生活技能訓練など)・服薬指導・精神保健福祉相談を併用したチーム医療を行っております。

精神科救急病棟

発症早期・急性症状の治療に重点を置き、短期・集中的なケアで早期退院を目指す病棟です。
病床の半数以上を個室化し、充実したスタッフの配置で、質の高いチーム医療を行います。

亜急性期病棟

急性症状の繰り返しや中長期にわたる段階的治療を必要とする方の治療を行なう病棟です。早期の社会復帰を目指しています。

認知症専門病棟

認知症のために、家庭や施設において対応が困難で、主に都内に住所のある方へ適切な医療を提供し、生活機能の回復と症状の軽減を目指します。
症状が軽減する治療期間を概ね3ヶ月と考え、ご家族・関係機関等と連携し、退院後の生活の相談にも応じます。
当病棟への入院については、まず高齢者外来でご相談ください。重度の身体疾患を合併されている方はご入院を制限する場合もありますので、予めご了承ください。


精神科急性期治療病棟・特別病棟

開放空間で明るい環境下での入院生活ができる病棟となっています。開放的な明るい雰囲気の中、入院中の患者さんが少しでもリラックスして過ごせるような空間となっており、ストレスが溜まらないようアメニティー(医師の了解のもとでWi-Fi対応)を充実させています。※病棟写真はこちら
また、開放病棟で任意入院されている患者さんは自由に散歩をし、気分転換を図ることも可能になっています。※病棟案内図はこちら
当病棟では、個々の患者さんに合わせた生活の援助を実現するため、患者さんの目線に立って病棟の医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士、心理士との連携を密に、患者さんのライフスタイルを保てるよう配慮し、患者さんや御家族の意向に沿った退院支援をしていく病棟となっています。
また、C4病棟では入院治療のみでなく、検査入院も実施しており各種パックにて対応しております。※病棟1日のスケジュール 治療・支援に関してはこちら

≪↓各種パック入院について≫
※アスペパック(検査入院)はこちら
※アルコールプライマリーケアパックはこちら
※シニアパックはこちら


ECTについて

無けいれん性電気療法(ECT)
精神運動興奮・昏迷・うつ状態などに対し、眠っている間に脳を電気的に刺激し、迅速な症状の改善をもたらす安全な治療法です。
精神科医・麻酔科医による麻酔管理のもとで行われ、苦痛を伴いません。担当医にご相談ください。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学附属烏山病院 All Rights Reserved.
〒157-8577 東京都世田谷区北烏山6-11-11 (代表)03-3300-5231