ホーム > 最新情報一覧(2016年度) > 自閉症を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発

自閉症を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発

2016年4月15日


【報道発表】

「自閉症を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発
~人種を超えたバイオマーカー・自閉症の実体:脳回路の変位~」
研究成果がNature Communications誌・オンライン版に掲載されました。

詳細・お問い合わせはこちらへ → 昭和大学発達障害医療研究所
http://www.showa-u.ac.jp/rsch_acad/midd/index.html

ページ先頭へ戻る

「最新情報一覧(2016年度)」に戻る

    • 自閉症を脳回路から見分ける先端人工知能技術を開発
ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学附属烏山病院 All Rights Reserved.
〒157-8577 東京都世田谷区北烏山6-11-11 (代表)03-3300-5231