眼科

診療科責任者 教授
西村 栄一
当科は、昭和51年昭和大学藤が丘病院開院と同時に開設されました。平成21年に昭和大学藤が丘リハビリテーション病院に移転し現在に至っております。この間に社会情勢は大きく変化し、私たちを取り巻く医療環境も就任当時とは様変わりいたしました。しかしながら、大学病院の3つの柱といえる「臨床」「研究」「教育」を根底で支える「患者様にとってよりよい医療の提供を目指す」という信念は変わっておりません。一般に、人は五感(視覚、味覚、聴覚、嗅覚、触覚の5つの感覚)の中でも情報の80%を視覚から得ているといいます。それだけ、「眼」というのは私たちの日常生活において大切で重要な器官といえます。その大切な「眼」を守るため、私たちはより高度な医療を提供すべく日々研鑽しております。

臨床
臨床では、「説明と納得の医療」を目指しております。不安を抱え来院された患者様に、専門用語ではなく、分かりやすく患者様が納得されるまで丁寧に説明できるよう心がけております。特に手術をされる患者様には、ビデオなどを用い、詳しく解説しております。

研究
医局員一人ひとりがテーマを持ち、上級医師の指導の下研究を行っております。近年では、白内障手術に対する補助器具の開発などを行い、難治性の白内障に対しても安全かつ低侵襲な手術が可能となりました。また、白内障手術における超音波発振装置の改良、開発を行い、臨床データと模擬前房を用いての基礎実験を繰り返し施行し、より安全な手術装置の開発に寄与しております。また、白内障手術で使用する眼内レンズの開発や評価にも力を入れております。

教育
大きく分けて、学生に対するもの、研修医に対するもの、医局員に対するものなります。学生に対しては、電子教材を作成し、基礎となる知識を分かりやすく説明しております。研修医に対しては、研修医一人に対し、指導医を一人配置することにより眼科診療・手術など細かい部分まで丁寧に指導しております。また、医局員については、手術助手になるための豚眼を用いた実習を徹底的に行います。実際に手術を執刀する際には、助手として少しずつ執刀可能の範囲を広げてゆき、その折には細かい手技チェック表で指導医がチェック、後日、手術ビデオを供覧しながら、チェック表と合わせて確認を行います。一歩一歩確実に手技をマスターするよう心がけています。

診療科概要

当科の概要をご紹介します。

詳細はこちら

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当院をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

診療実績

当科の診療実績をご紹介します。

詳細はこちら

診療担当医紹介

医師名 役職 専門分野 資格
西村 栄一
(にしむら
    えいいち)
医長
教授
(昭和大卒)
白内障・緑内障・網膜疾患
外傷性疾患における眼科手術学全般
医学博士
日本眼科学会専門医
日本眼科学会指導医
早田 光孝
(そうだ
    みつたか)
講師

(昭和大卒)
白内障
網膜硝子体疾患
涙道疾患
医学博士
日本眼科学会専門医
日本眼科学会指導医
油井 一敬
(ゆい
    かずひろ)
助教

(岩手医大卒)
白内障
眼科一般
医学博士
木崎 順一郎
(きざき
    じゅんいちろう)
助教

(昭和大卒)
白内障
眼科一般
医学博士
當重 明子
(とうじゅう
    あきこ)
助教

(昭和大卒)
白内障
眼科一般
 
栗家 亜実
(くりけ
    あみ)
助教

(聖マリアンナ医大卒)
白内障
眼科一般
 
齋藤 雄太
(さいとう
    ゆうた)
講師 緑内障
未熟児網膜症
医学博士
日本眼科学会専門医
中島 佳子
(なかじま
    よしこ)
兼任講師

(昭和大卒)
白内障
屈折矯正
医学博士
日本眼科学会専門医
渡邊 早弥子
(わたなべ
    さやこ)
兼任講師

(昭和大卒)
小児眼科
ぶどう膜炎
弱視
医学博士
日本眼科学会専門医
山口 大輔
(やまぐち
    だいすけ)
兼任講師

(山形大卒)
白内障
眼瞼
外傷
医学博士
日本眼科学会専門医

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 藤が丘リハビリテーション病院 All Rights Reserved.
〒227-8518 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目1番1号