栄養科

栄養科では、患者様の疾病・状態にあわせた、安全でおいしい食事を提供し、1日も早い回復のお手伝いをさせていだいています。

選択メニュー

毎日の朝食・夕食に選択メニューをとり入れ、麺類の献立や行事食、旬の素材をとり入れた季節メニューなど、多彩な献立になるよう努力しています。

・ある日の献立から
    

飲み込みが悪くなった方のために状態に合わせた食事を用意しています。

嚥下開始食 ヨーグルトなどの半固形食品
嚥下食Ⅰ ゼリー状にした重湯と卵豆腐のような簡単な副食
嚥下食Ⅱ とろみをつけた全粥とペースト状にした副食
嚥下移行食 全粥と一口大の大きさに切ってとろみをつけた副食
  • 嚥下食Ⅰ
    嚥下食Ⅰ
  • 嚥下食Ⅱ
    嚥下食Ⅱ
  • 嚥下移行食
    嚥下移行食

食器も自助食器を使用しています。

座ることが困難な方、片手が不自由な方のためにフォークを使いやすいように一口大に切ったり、おにぎりにするなどの対応をしています。



整形食

栄養指導

食事療法は、腎疾患や高血圧症、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病の治療では、その根幹となる治療方法です。正しい知識と方法を覚えることは非常に重要です。

個人指導 医師の指示のもと管理栄養士が行います。(予約制)主治医・担当医にご相談ください。

集団指導 おもに虚血性心疾患、心不全の方を対象に月2回実施しています。心臓リハビリテーション指導士の資格を持つ管理栄養士がエネルギー(カロリー)、脂質、食塩摂取についてお話します。(入院患者様対象)



集団指導

栄養サポートチーム 

栄養状態が悪くなると、傷の治りが悪くなったり、感染にかかりやすくなってしまうことがあります。そのようなことの無いように医師・看護師・薬剤師・管理栄養士などの多職種で、適切な栄養投与方法、栄養量などを検討し提案しています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 藤が丘リハビリテーション病院 All Rights Reserved.
〒227-8518 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目1番1号