看護部


    藤が丘リハビリテーション病院看護部は、大学附属施設として亜急性期から回復期に至るまで、それぞれの方に合った専門的な看護ケアを提供しております。
リハビリ期で多い転倒転落の予防に積極的に取り組んでおり、また「寝たきりにさせない」看護をモットーにしております。

概要

看護部の概要については こちら をご覧ください。

各部署の紹介

5階病棟

師長  岡田 貴枝
5階病棟は眼科病棟です。白内障や糖尿病性網膜症、黄斑疾患、網膜剥離などの患者さんが入院されています。入退院数の多いことが眼科の特徴で、1日に15~20名の患者さんが入院されることもあります。視力がADLに与える影響は多大であり、手術に臨む患者さんが安心して入院生活が送れるように病棟・手術室・外来との連携をスムーズにし患者さんに安全で安心できる周術期看護を提供しています。
4階病棟
師長  東野 由美子
4階は内科(循環器・呼吸器・腎臓・内分泌)・整形外科・リハビリテーション科の回復期病棟です。積極的な離床を目的とし、個人単位で作成する支援プログラムに基づき、医師、看護師、セラピスト、患者さんとご家族が一つのチームとなり、それぞれの職種の特殊性を活かし、生活機能の回復促進に努めています。また、在宅復帰・社会復帰に向けて、若いスタッフからベテランまで、安心して入院生活が過ごせるよう看護を提供しています。
3階病棟

師長  水上 昌子
3階病棟は、整形外科、内科(循環器、呼吸器、腎臓内科、内分泌代謝内科等)、リハビリテーション科の病床数60床の病棟です。藤が丘病院と連携し、急性期治療を終了した亜急性期病棟として機能しています。私たちは患者さんやご家族のご意向を大切にし、多職種との連携を図り、チーム医療を行うことにより自宅退院をはじめとし地域へと結びつかられるように取り組んでいます。また、多方面からの観察、ケアを行い情報共有しながら患者さん中心の医療の提供を行っています。
2階病棟
師長  近藤 恵美子
2階は回復期リハビリテーション病棟として、脳血管疾患や整形外科疾患の急性期治療を終えた患者さんを対象に、多職種で集中的なリハビリテーションを提供しています。看護師は患者さんが個別リハビリで獲得した能力として「できるADL」を日常的に「しているADL」へ繋げていくことができるように日々取り組んでいます。
手術室
師長(兼務) 岡田 貴枝
手術室は眼科手術が行われています。白内障の手術は年間約1,700件以上、網膜・硝子体手術も年々増加しており、昨年度の眼科手術の総件数は約3,000件でした。眼科手術は主に局所麻酔で行われるため、手術や麻酔について不安を抱えている患者さんが多いと思います。
患者さんの気持ちに寄り添い、安全で安心できる手術看護を日々提供しています。
退院調整・医療安全

師長  戸田 桂子
<退院調整>
主に入院患者様が退院後の生活に困らないように、地域包括支援センター、ケアマネジャー等と連携を図り、患者さんと家族が望む療養生活への支援をします。また、利用できる社会的資源についても説明しています。「どこで療養するか」「どのように生活を送るのか」患者さんの思い・願いを実現するために、日々取り組んでおります。
<医療安全>
病院全般にかかる医療安全対策の立案・実行・評価を行います。また医療安全管理のための組織横断的な活動をし、安全文化(報告する文化・学習する文化・正義の文化・柔軟な文化)の醸成に努めています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 藤が丘リハビリテーション病院 All Rights Reserved.
〒227-8518 神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目1番1号