皮膚科

皮膚科では、各種皮膚疾患に対して、幅広い診療を行っております。各種疾患に対する具体的診療内容の特色は、以下の通りです。

  • 接触皮膚炎(かぶれ):原因物質検索のためのパッチテストも行なっております。
  • アトピー性皮膚炎:外用・内服療法、生活指導。ケースにより教育入院。
  • 蕁麻疹:生活指導と内服療法。必要により各種検査。
  • 皮膚熱傷(やけど):迅速な外用処置。
  • 薬疹・中毒疹:ケースにより入院加療。原因検索も試みております。
  • 重症型乾癬:免疫抑制剤などの内服療法、生物学的製剤による注射療法。
  • 疣贅(イボ):冷凍凝固療法。
  • 帯状疱疹・:重症例は個室入院にて治療。
  • 皮膚真菌症(みずむし・たむしなど):外用・内服療法。
  • 各種皮膚腫瘍:ケースにより、外来手術・入院手術を行なっております。
  • 陥入爪(まき爪):侵襲が少なく短時間で可能なワイヤー法による外来手術を行っております。
なお、臨床診断の難しい疾患には病理組織検査を行っています。当科では、男女計4名の常勤医師、および経験豊富な看護師が、交代で日々の診療にあたっております。

*レーザー療法,ナローバンドUVB療法は施行しておりません。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1