主な対象疾患

 当消化器センターの対象とする主な疾患は食道(咽頭・喉頭を含む)、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、膵臓、胆道など消化器に関係するあらゆる疾患を対象としています。
特に、工藤教授のもとで学んだ優れた経験豊かな大腸内視鏡医が数多くおり、「大腸がんでは死なせない」をスローガンに、日々大腸疾患の診断・治療に従事しています。
大腸疾患を分類した場合、大腸癌などの腫瘍性疾患と多様な炎症性疾患に分けられますが、当院でも感染性腸炎や潰瘍性大腸炎、クローン病、腸結核などの対象疾患も近年増えてきています。  食道疾患には、逆流性食道炎、感染性・薬剤性食道炎、食道潰瘍、悪性リンパ腫、食道静脈瘤などがありますが、当消化器センターは全ての疾患の診断と治療で既に定評があります。
胃疾患では胃潰瘍、胃炎などの疾患は言うに及ばず、胃悪性リンパ腫や早期・進行胃癌の診断と治療が中心となります。大腸領域は世界屈指の施設としてこれまで築き上げてきましたが、何といっても早期大腸癌の内視鏡診断が中心となります。
肝疾患ではB型肝炎、C型肝炎、肝硬変、肝癌が、胆疾患では急性胆嚢炎、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢癌が中心となります。膵疾患では急性膵炎、慢性膵炎、膵性糖尿病、自己免疫性膵炎、膵癌が主な対象疾患となります。肝胆膵疾患は診断が難しく、治療も難渋する例が多いのですが、稀な疾患も含めてすべて対応できるのが当消化器センターの強みです。また、肝移植や膵移植に関するセカンドオピニオンも行っております。詳しくは専門外来のページをご参照ください。
総じて、食道・胃・大腸・肝臓・膵臓などの各癌を主な対象疾患とした開院以来の特徴がさらに広がり、各消化器領域にまたがる各種疾患を対象とするようになってきています。また、診断困難・難治性の疾患が協力医院から紹介されてくる例が多く、疾患も多様なため、経験豊かな医師を擁していることが当消化器センターの特徴です。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1