ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > 女性骨盤底センター

女性骨盤底センター


女性骨盤底センター
センター長
嘉村 康邦
 
 女性のいわゆる“おしもの不具合”はなかなか相談しにくいものです。このため多くの女性が受診をためらってしまうと言われています。しかし恥ずかしがらないで下さい。このような悩みを抱えている女性は非常に多いのです。ほとんどの場合、適切な診断・治療により症状の改善が得られます。一般に子宮や膀胱などが膣から飛び出してしまう骨盤臓器脱や尿漏れなどといった不具合は、放っておいても死に至るような病気ではありません。しかしその女性の生活の質は著しく低下してしまいます。何か活動をしたいと思っても、おしもの不具合があるために引っ込み思案になり、行動制限をしてしまう女性がたくさんいらっしゃいます。この行動制限こそが生活の質の低下につながるのです。そして究極的には、社会からの孤立感を抱いてしまうと言われています。したがって、たかが“おしもの不具合”ではないのです。その女性にとっては、心豊かな人生を送る上での大きな障害であるわけです。
  女性骨盤底センターは、まさしく“おしもの不具合”を専門に扱うセンターです。歴史的には泌尿器科や産婦人科のなかで、「女性泌尿器科」として発展してきた副専門分野です。女性の骨盤底は前方から膀胱・尿道、子宮・膣、そして直腸・肛門の3つに区分出来ます。これら3区画はそれぞれ泌尿器科、産婦人科、直腸肛門外科が専門となるわけですが、おしもの不具合を抱える女性は多くの場合ひとつの区画だけの障害にとどまらず、多かれ少なかれ複数の区画の障害を認めます。そこで全区画を総合的に見渡せる診療科が必要となります。 当センターの最大の特徴は、女性泌尿器科領域を専門とする泌尿器科医および産婦人科医が同じセンター内で、共同で診断・治療に当たることです。もちろん直腸肛門外科の応援が必要であれば、総合病院ですので消化器外科へのコンサルトが可能です。さらにスタッフとして骨盤底筋トレーニングを専門的に指導可能な理学療法士を配し、手術療法のみならず、質の高い理学療法、行動療法などの保存的治療も行えるようにしています。

それぞれ2名の泌尿器科専門医と産婦人科専門医が診療・治療にあたります。                     
                 

 
 

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

 当科の診療体制をご紹介します。
 

外来担当医表

 当科の外来担当医表をご紹介します。
 

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

研究内容

 当科の研究内容をご紹介します。
 

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ケ崎中央35-1