眼科

診療科長 准教授 藤澤 邦見
診療責任者 准教授
藤澤 邦見

 白内障、緑内障、角膜、網膜硝子体疾患、外傷などの眼科全般を診療しています。白内障手術は、年間1350件以上行っており、日帰りと入院手術が選べます。現在は、半数以上が日帰り手術を受けられています。白内障術後に裸眼で遠くを見やすく狙ったり、近くを見やすく狙ったりできますが、この精度を上げるために、手術中に眼内レンズ度数を測定するORAというマシンを導入しております。これは日本ではまだ30台程度しか導入されていませんが、今までと全く違う方法で目の中に入れるレンズの度数を算出する装置で、米国ではすでに約600施設で導入されております。今までの方法と合わせてのダブルチェックで精度をあげています。この装置の導入に伴って、乱視用眼内レンズの使用頻度も増え、白内障手術による乱視補正も行っております。また、自費診療になりますが、多焦点眼内レンズの手術もスタートしました。この手術は用いるレンズが特殊であるという違いだけで通常の白内障手術と手術テクニックは何ら変わりなく、当院では導入したばかりですが、執刀医はすでに別施設で経験を積んでおり、全く心配なく受けることができます。
 網膜硝子体手術は年間300件以上行っています。糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜などの網膜硝子体疾患を、最新の設備で積極的に施行しています。手術は、現在日本国内で主流となった極小切開硝子体手術で行っております。必要に応じて、外来レーザー光凝固治療を行っています。
 加齢黄斑変性に対しては、硝子体注射を年間600件以上行っており、使用薬剤によって日帰りと入院とで対応しておりますが、現在は8割以上が日帰りとなっています。光線力学療法(PDT)は現在行っておりません。
 
緑内障手術は、通常のトラベクレクトミー(線維柱帯切除術)という手術から、難治性緑内障にも対応できるインプラント手術も行っております。
 角膜移植は、神奈川県アイバンクから日本国内の移植角膜のご提供を受けて行っております。眼瞼下垂(まぶたが下がる)や眼瞼内反症(逆まつげ)、斜視手術も行っております。小児眼科の斜視、弱視疾患は午後に特殊外来で診療しており、小児にできるだけ時間をとって検査、診察が受けられるように配慮しています。涙に関する手術は、現在当院ではほとんど行っておりません。当院が急性期病院であることから、当科での手術や入院加療などが終了され落ち着かれた患者様には、ご紹介医やお近くの眼科クリニックでの治療をお受けいただくことになっております。

 

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

診療実績

当科の診療実績をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1