診療体制

緩和ケア病棟

当院以外の病院・診療所から当院緩和ケア病棟への入院依頼があった患者さんおよび院内各診療科が担当していた患者さんのうち当科に依頼のあった患者さんの主治医となり、患者さん本人の意志を最大限に尊重しながら、サポートするご家族の要望もふまえ、苦痛症状の緩和の方法を決定していきます。
早期苦痛緩和と退院をめざし、全人的苦痛緩和を提供するために、他診療科・診療チーム、特にリハビリテーション科、メンタルケアセンター、皮膚科、歯科、放射線科およびソシャルワーカーなどとスムーズな連携をしています。
院内各診療科が担当していた患者さんはそれぞれの診療科が主治医となって診ていきますが、緩和医療科が緩和ケア病棟の管理運営を行っており、苦痛緩和に関して各診療科から依頼があれば、コンサルトしています。
緩和ケア病棟では患者さんの苦痛症状を軽減させることにより退院をめざしていきます。

緩和医療チーム

当院では一般病棟に入院中の苦痛症状を有するがん患者さんとそのご家族に対し、身体的、精神的、心理社会的、スピリチュアルな問題を、多職種(身体症状担当医師、精神症状担当医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士、栄養士、ソシャルワーカー等)の目で早期から正確にアセスメントし、解決することにより、苦痛の予防と軽減を図り、生活の質(QOL:Quality of life)を向上させることを目標に活動しています。
がんと診断された早期から、“いつでも、どこでも、切れ目のない緩和ケア”を提供し続けるために、コンサルテーションスタイルで、多職種チームの特色を活かしつつ、様々な形で依頼科医療チームのサポートにあたっています。
患者さんやご家族から緩和医療チーム介入の要望を主治医に伝えて頂き、主治医から依頼があった時点で緩和医療チームが苦痛緩和に関わっていきます。 また、チームが一般病棟で関わった患者さんに関しては、退院後も主治医・患者さんの依頼に応じ、外来フォローも行っています。

緩和医療科外来

緩和ケア病棟入院判定外来

緩和ケア病棟の入院適応を相談するための外来です。

詳細はこちら

緩和医療科外来

2014年4月から緩和ケア病棟入院判定外来とは別に、緩和医療科外来を開設しました。
がん患者で、コントロール困難な苦痛症状の緩和を必要とする紹介患者さんを診療しています。

【お問合せ先】
地域医療連携室 : 045-949-7151(直通) 月~土:8時から17時
緩和医療科外来(完全予約制) 毎週月曜 午前10時~

診療担当医紹介

医師名 役職 専門分野 資格
横山 和彦 准教授 緩和医療・婦人科領域 日本緩和医療学会:認定医、がん治療認定医機構:認定医、日本産婦人科学会:専門医、日本婦人科腫瘍学会:専門医・指導医
松石 純 講師 緩和医療・呼吸器内科領域 日本緩和医療学会:認定医
大橋 祐介 大学院 緩和医療・麻酔全般 日本麻酔科学会:麻酔認定医、
麻酔科標榜医
2019年7月更新

非常勤講師

医師名 役職 専門分野 資格
菊岡 修一 兼任講師    
鈴木 陽子 兼任講師    
2019年7月更新

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ケ崎中央35-1