ホーム > 診療科のご案内 > 診療科一覧 > こどもセンター

こどもセンター

診療科長 教授 梅田 陽
診療科長 教授
梅田 陽

横浜市の都筑、青葉、緑、港北4区や川崎市宮前区、高津区は小児人口が多く、減少傾向を認めない地域として知られています。その中核病院のこどもセンターとして、約20名の医師が地元医師会と連携して小児医療を展開しています。小児内科系医師(新生児科も含む)だけでなく、小児外科系医師がチームとなって新生児をはじめ小児全般の診療を行っています。さらに、循環器センターにも小児循環器内科・外科医がいますので、血液・腫瘍を除くほとんどすべての小児科領域の疾患を診ることができます。
「決して断らない」をモットーに、患者さんだけでなく患者ご家族に寄り添った暖かい診療を実践するように心がけています。また、県下の大学病院、小児病院とも垣根を超えた交流があります。難治性疾患や稀有疾患に遭遇した際には、全国からその分野のエキスパートを招聘して勉強会を開催しています。医局員が常に最新の知識をもって、最善の医療ができるような教育体制作りを目指しています。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1