放射線科


診療責任者 准教授
藤澤 英文
当院の画像検査は完全フィルムレス・ペーパーレスな運用となっており、検査終了後の画像は速やかに院内各所で見ることが出来ます。放射線科ではこれに合わせ、一部単純写真を除くすべての画像検査に対し、即時読影を行い画像診断レポートを作成しています。レポートは短時間で作成されるだけでなく、すべて放射線診断専門医が内容を確認したものを配信しています。

放射線治療は原則として院内患者さんを担当しています。院外からのご依頼に関しては、外来治療可能な患者さんを対象としています。

IVR(画像診断的介入治療)も特色の1つで、入院患者さんの血管造影のみならず、腫瘍の治療、腹部骨盤損傷などによる出血の治療、CTガイド下生検、経皮的骨形成術などを受け持ちます。

スタッフは放射線科専門医以外にも各種専門医、認定医の資格を取得しています。放射線科専門医、核医学専門医、放射線治療医の教育・修練施設の指定も受けており、市の中枢病院の役割を担っています。

当放射線科についてもっと知りたい場合はHP(http://showa-ny-radiology.jp/)を宜しければ参照ください。

主な対象疾患

当科の主な対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当医表

当科の外来担当医表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

診療実績

当科の診療実績をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1