外科

診療責任者 教授
福成 信博

当科は内分泌疾患(甲状腺、副甲状腺、乳腺など)を主に担当し、診断、検査、治療において外科手術のみならず、薬物治療や非手術的な加療(Intervention)を積極的に取り入れ、個々の症例において最善の治療を行っております。甲状腺腫瘍に対する加療は、整容性、機能温存、根治性を十分に考慮し、外科手術のみならず、ラジオ波焼灼療法や放射性ヨード治療など様々な角度から集約的加療をおこなっており、内外から高く評価されています。甲状腺・乳腺の画像診断においても最先端の超音波診断を駆使し、数多くの臨床研究を行い、当該領域におけるリーダーシップを発揮しております。
また、頚部、胸部、骨盤領域などにおける疾患に対しては、各診療科の垣根を越えて、General Surgeryとして他科と連携し診療を行っております。

主な対象疾患

当科の対象疾患をご紹介します。

詳細はこちら

診療体制

当科の診療体制をご紹介します。

詳細はこちら

外来担当表

当科の外来担当表をご紹介します。

詳細はこちら

紹介医療機関の先生方へ

紹介医療機関の先生方へ当科をご紹介します。

詳細はこちら

研究内容

当科の研究内容をご紹介します。

詳細はこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ヶ崎中央35-1