ホーム > 病院のご案内 > 臨床研修病院としての理念・基本方針

臨床研修病院としての理念・基本方針

臨床研修病院としての理念

 【研修理念】

 建学の精神「至誠一貫」の精神に基づき、「心のこもる病院、無事故の病院、最高の医療をおこなう病院」という当院の理念のもとで臨床研修を実践する。その中で、医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学および医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般診療において頻繁に遭遇する負傷又は疾病に適切な対応ができるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につける。また、常に医療人としての品格と向上心を持ち、チーム医療を担う一員としての行動力・決断力・コミュニケーション能力・多職種連携医療を実践する能力を身につける。

基本方針

 【基本方針】

次のような資質を備えた医療人を育成する。

1.  人間性豊かな医療人として全人的医療を行う

豊かな人間性と幅広い教養を備え、深い倫理観と洞察力、生命の尊厳について、適切な理解と認識を持ち、基本的人権の尊重に努め、平等な全人的医療ができる。

2.  医療全般にわたる広い視野と高い見識を持つ

医学、医療の全般にわたる広い視野と高い見識を持ち、常に科学的妥当性に基づきながら、将来の専門性にかかわらず、全ての医師に求められるプライマリ・ケアを行うための知識・技能および態度を習得する。

3.  チーム医療のリーダーとしての役割を発揮できる

病院内のすべての職員と連携を密にし、チーム医療を理解し推進に努め、将来的にはチーム医療を担うリーダーとしての役割を発揮する能力、医療安全管理を正しく理解し、安全で納得のいく医療が提供できる能力を養う。

 

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ケ崎中央35-1