ホーム > 病院のご案内 > 総合サポートセンター

総合サポートセンター

総合サポートセンターは、入院前から患者さんが安心して医療を受けられるよう、一人ひとりの状況を身体的、社会的、精神的背景からしっかりと把握し、入院中はもちろん退院後も含めた一貫した支援を管理するために開設いたしました。

これまで、医療福祉相談室、院内病床管理、地域連携室、退院調整看護師と別組織であったものが一つのチームとなり、今まで以上に患者さんへのより良い医療サービス提供が行えると考えています。特に、2015年5月から入院前面談を開始し、入院予約時から情報取得し、患者さんの体の状況や生活背景に合わせて、術前指導、生活指導を行い、患者さんの持てる力を発揮させよりよい療養環境を整えていくように考えています。また、退院調整が必要と判断した場合は、早期介入の調整を実施しています。緊急時の対応や在宅、医療連携拠点、福祉施設からの入院加療依頼についても院内外の関連部署と密着に連携し、皆さんの要望を伺いながら進めていきたいと思っています。

Value(行動基準)
1.私たちは、外来から始める退院支援・退院調整を実施します。
2.私たちは、地域との連携を強化し、地域医療へ貢献します。
3.私たちは、責任ある行動により、患者・家族と信頼関係を築きます。
4.私たちは、他のチームと協働し、患者支援を実践します。
5.私たちは、社会のニーズに応えられるよう自己研鑽します。

業務内容
1)医療連携
2)入院前面談 ※土曜日を除く
3)退院・転院支援、調整等
4)相談業務(医療福祉、がん、権利擁護、その他)
5)病床有効利用
 

受付時間

月~土  8:30~17:00

※日、祝日は休みです。

例えば、こんな時に

療養生活の中で困り、どうしていいのか分からない。
退院後の療養先について、生活について心配。
現在の職場、職場復帰が心配。
治療費、入院費など経済的に不安。 など

どうぞお気軽にご利用ください。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 昭和大学横浜市北部病院 All Rights Reserved.
〒224-8503 横浜市都筑区茅ケ崎中央35-1