ホーム > 大学紹介 > 公開講座 > 健康相談 肥満

健康相談 肥満

肥満とは

からだの脂肪組織や種々の臓器に異常に脂肪がついた状態です。特に、成人の肥満は脂肪細胞の数は増えずに1個1個の脂肪細胞のなかに脂肪がたまり、大きくなった状態です。

肥満の種類(原因によって大きく2つに分けられます)

  1. 単純性肥満(食習慣と運動で解消できます)
    摂取カロリー > 消費するカロリー 食べ過ぎ、運動不足、生活条件によっておこります。
  2. 症候性肥満(治療が必要です)
    病気のためにホルモンの分泌などに狂いが出ておこるものです。

肥満と成人病(肥満はいろいろな病気と関係があります)

  1. 動脈硬化・・・・・肥満になると血清コレステロール、中性脂肪の値が高くなり動脈硬化になります。
  2. 高血圧・・・・・肥満になると血圧が上がりやすくなります。
  3. 心筋梗塞/狭心症・・・・・心臓の冠状動脈に硬化がおこり、血液の流れが悪くなります。(心筋の酸欠)
  4. 脳出血/脳梗塞・・・・・高血圧や動脈硬化の結果、脳出血、脳梗塞をおこしやすくなります。
  5. 脂肪肝/肝硬変・・・・・肝臓に脂肪が多くたまるため、肝機能が悪くなり肝硬変に移行するおそれがでてきます。
  6. 糖尿病・・・・・血行のコントロールがされにくくなります。
  7. 痛風・・・・・暴飲暴食・美食などにより、尿酸が体の中にたまりやすい状態になります。
  8. 胆石症・・・・・太っている人は、胆石症が多いと言われています。
  9. その他・・・・・女性ではホルモン異常と関係があり、卵巣機能不全、不妊、妊娠中毒症をおこしやすくなります。

肥満の対策

食生活の工夫

脂肪や糖質を少な目にし、蛋白質の多い食事を取りましょう。
(例:豆腐・卵・牛乳)
ビタミンを多く含む緑黄色野菜を豊富に取りましょう。糖質を燃やすために必要です。

減量のための運動

  1. 有酸素運動が効果的です。軽い運動を毎日15~20分位続けましょう。
  2. 急に始めるのではなく、準備期間を設けましょう。
  3. 日常生活でエネルギー代謝を高めましょう。通勤は歩き、些細なことでも腰をあげるようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000