ホーム > 大学紹介 > 公開講座 > 健康相談 コレステロールと中性脂肪

健康相談 コレステロールと中性脂肪

私たちの血管の中には、いろいろな脂質(脂肪分)が小さい粒の形で流れています。その中で特に重要なのが、コレステロールと中性脂肪です。

HDLコレステロール(善玉)

組織や血管から古くなったコレステロールを取り除いて、肝臓へ戻す運搬役です。

LDLコレステロール(悪玉)

組織に新しいコレステロールを供給しますが、多すぎると血管の壁にたまって、動脈硬化の元になります。

中性脂肪

肝臓で作られ、活動のエネルギーとなります。砂糖やデンプンなど余分な糖質が入ると、中性脂肪などに作り変えられ、HDLコレステロールを減らして動脈硬化の元になります。
また、中性脂肪が必要以上に皮下組織にたまってくると肥満になります。肝臓にたまると、脂肪肝となり肝臓の働きが悪くなります。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000