ホーム > 大学紹介 > 公開講座 > 健康相談 血糖値

健康相談 血糖値

糖尿病とは

臓の中にあるランゲルハンス島から出されるインシュリンというホルモンの働きが悪くなるために、血液中のブドウ糖(血糖)が高くなって、しばしば尿の中にもブドウ糖がでます。

このような症状があります

  • 尿の回数、量が多い
  • 皮膚がかゆい
  • 喉が乾く
  • 時々目がかすむ
  • 急に太りだしたり、痩せだした
  • 神経痛や手足がしびれる
  • 疲れやすい
  • 沢山食べ過ぎる
  • 精力減退

糖尿病予備軍

  • 血縁者に糖尿病のある人
  • 2.4kg以上の児を出産した人
  • 太りすぎの人

糖尿病にならないために注意すること

  1. 常に体重を標準体重またはそれ以下に保つよう心掛けましょう。
  2. 毎日、適度な運動を続けましょう。(少なくとも10分間は続けましょう)
  3. 精神的な過労に陥らないように、上手に気分転換をはかりましょう。
  4. 1年に1回は、血糖検査を含む定期検診を受けましょう。
  5. 食べ過ぎたときは、つとめて動くようにしましょう。
  6. 女性は妊娠する前に、糖尿病のチェックをしましょう。

糖尿病にならないための食生活

  1. 腹八分目にしましょう。
  2. 朝食は抜かず、3食きちんととり、夕食だけが重くならないように気を付けましょう。
  3. 間食はしないようにしましょう。
  4. 偏食をせず、バランスのとれた食事をしましょう。
  5. 野菜や果物は、ミネラルやビタミンが多く含まれていますが、果物は糖分が多いので注意しましょう。
  6. また、野菜は低カロリーで(イモ類・かぼちゃ・人参を除く)、成人病予防に有効な食物繊維も多いのでとるように心掛けましょう。
  7. ゆっくり、良く噛んで食べると、早く満腹感を感じます。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000