ホーム > 大学紹介 > 施設紹介 > 臨床試験支援センター > 臨床研究について

臨床研究について

ご挨拶

臨床研究に関する倫理指針によると、臨床研究とは、「医療における疾病の予防方法、診断方法及び治療方法の改善、疾病原因及び病態の理解並びに患者の生活の質の向上を目的として実施される医学系研究であって、人を対象とするもの(個人を特定できる人由来の材料及びデータに関する研究を含む。)をいう。医学系研究には、医学に関する研究とともに、歯学、薬学、看護学、リハビリテーション学、予防医学、健康科学に関する研究が含まれる。」と定義づけされています。

臨床研究は大別すると「観察研究」(Observational Study)と「介入研究(臨床試験)」(Intervention Study)があります。

「観察研究」は、研究者の積極的な介入を伴わず、対象者の日常的な行動を調査する研究です。これに対し「介入研究」は、研究者が対象集団を2つ以上のグループに分け、それぞれ異なる治療法や予防法等に関して、介入を行う研究です。医薬品あるいは医療機器の製造承認を得るための「治験」は介入研究(臨床試験)の1つです。

 

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000