ホーム > 大学紹介 > 施設紹介  > 史料室

史料室

昭和大学史料室は、本学が創立70周年を迎えた折り、「昭和大学史料室」が設置され、平成9年4月1日から一般公開を始めました。

昭和大学の前身である昭和医学専門学校は昭和3年、上條秀介博士の提唱により石井吉五郎博士ら先覚の同志が集い、現在の東京都品川区旗の台の地に誕生しました。
創立者である上條博士は、燃える情熱と不動の信念をもって、終生医学教育の新しい理想の実現に、患者に信頼される医療の実現に力を傾注しました。

「より良き国民として/より良き人間として/より良き医師として」を目標に掲げた理念こそはまさに時代に先駆けた精神であり、また、今後将来に向けて、不断に新しく再生されてゆかなければならない真理であると言えましょう。

昭和大学史料室は、上條博士をはじめとする創立者らの業績を通して昭和大学へのご理解を更に深めて頂くために、上條博士の関係史料をはじめ、本学と所縁のある俳人水原秋櫻子先生関係史料、戦中・戦後の大学史料が、多くの大学人のご協力により収蔵されております。

皆様のご来場をお待ちいたしております。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000