ホーム > 大学紹介 > 施設紹介  > 史料室 > 不求一身安

不求一身安

上條博士の自筆サイン

「不求一身安」は、本学の創立者故上條秀介医学博士の座右の銘でした。戦前に上條博士の好んだ座右の銘は、「至誠一貫」であり、こちらの方は昭和医学専門学校初代校長でありました岡田和一郎も上條秀介と同様に、公に説いていました。至誠一貫を上條博士自身は「モットー」と言っていましたが、これが本学の校是となり建学の精神へと発展し、現在に至っております。

「不求一身安」は、“一身の安きを求めず”と読み、恐らくは上條博士の造語であったろうと推測されています。意味は、自分一人だけの保身や保全を求めてはならないということになります。この言葉は昭和27年に出版されました評伝『上條秀介』の見開きにも、博士の自署に添えて書かれており、戦後特に好んでサインしております。

「一身」の付く故事成語としては「一身是膽」“一身是れ胆(たん)”が中国の『三国志』に見られ、これは全身に胆力がみなぎり、どんな苦境や逆境にあっても大胆で勇気があることを意味する言葉として有名です。上條博士は漢学の素養もあり、「一身是膽」も当然のことながら知っていたに違いませんが、そのような勇ましい言葉を敢えて使わず、「不求一身安」を己れの信念とし、これを広めました。

昭和医専で精神医学を担当した植松七九郎教授(故人)は、上條博士のことを「静かな平穏な世界に、安楽椅子に、フンゾリ反っておれない性分だ。」と評しておりました。事実、上條博士は昭和医専の創立後も石井吉五郎教授、吾妻俊夫教授らと図り学校の整備充実はもとより、附属病院で医療の発展に力を注ぎました。

また、敗戦後はインフレと食料欠乏のため病人の食事の質と量を確保することが困難でしたが、博士は社団法人病院連合会を組織し、自ら先頭に立って築地魚市場に事務所を置き、病人のための魚類、野菜などに心を配りました。官公私立を含めての病院の全国組織「日本病院会」が創設されると請われて初代会長に就任いたしました。

公的な活躍の一方、上條博士は戦後の学制改革の中で昭和医専を昭和医科大学へ昇格させ、また、6年制医科大学へ移行することなどを計画し実行しました。しかし、その資金繰りや図書などの備品の確保には多くの方々の善意に助けられましたものの大変苦労したと伝えられております。

「不求一身安」は、そうした苦境に立った折りの、自分自身への励ましの言葉でありましたし、それは又、大学を支える職員一人一人への遺言でもありました。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000