ホーム > 大学紹介 > 施設紹介 > 国際交流センター > 大学院留学生

大学院留学生

昭和大学では、日本の医療技術を学びたい海外の若手医師、歯科医師、薬剤師、看護師等 約20名を大学院留学生として毎年受け入れています。研修生の国籍は、中国・モンゴル・タイ・インドネシア・バングラディッシュ・ベトナム等のアジア諸国、ルーマニア・セルビア・ハンガリー・トルコ等のヨーロッパ諸国、メキシコ・ブラジル・エクアドル・バラグアイ等の中南米諸国等世界中から研修生が来日しています。

大学院留学生は研修終了後、母国の教育施設などにおいてそれぞれ医学、歯学、薬学、保健医療学の教育、研究あるいは診療に従事します。昭和大学の最新医療を学び、帰国後はその国の医療の発展を担う人材として活躍しています。

昭和大学にはこのような研修生が安心して勉学に励めるよう、宿舎を提供し、奨学金制度を設けています。


大学院留学生データ
 

大学院留学生 「留学生ウェルカムパーティ」

 2012年5月28日(金曜日)、午後6時から昭和大学病院中央棟7階食堂において、留学生のウェルカムパーティが行われました。 昨年度は、震災の影響で留学生の入国が遅れパーティ自体も延期を余儀なくされましたが、本年度は予定通り11名の留学生が揃い、この日を迎えることができました。

 パーティは片桐敬学長の開会挨拶の後、久光正医学部長の乾杯で賑やかに始まりました。本学にて研修・研究中の大学院留学生(中国、ハンガリー、マダガスカル、モンゴル、インド、フィリピン、イタリア、ペルー)と指導教員併せて30名以上が集まりました。今年は各々の留学生の所属している先生が、留学生を紹介したので、普段の留学生の様子も加えつつの楽しい紹介となりました。歓談では、和気あいあいの中、学部を超えた素晴らしい懇親の場となりました。






大学院留学生、 正課大学院生、学部留学生 「留学生交流会」

 2012年7月6日(金曜日)、昭和大学6号館1階グリル・ド・アミに於いて、大学院留学生、学部留学生達と本学の学生との交流を目的に留学生交流会を開きました。参加した留学生は大学院留学生8人、薬学部留学生6人、大学院留学生1人で、出身は中国、ハンガリー、マダガスカル、ペルー、アメリカ、タイ、韓国と世界各国からで、40名を超える本学学生の参加者たちも各国を回るようにそれぞれの留学生たちと身振り手振りで会話を楽しんでいました。

 司会・ゲームの進行は学生がボランティアで行い、ゲームは「英語版あっちむいてホイ!」とそれぞれの国の言葉での「じゃんけん大会」で盛り上がりました。
「あっち向いてホイ」は海外にはないようで、ルールを理解するまで時間がかかりましたが、一度ゲームが始まると皆歓声をあげながら勝負をしていました。「じゃんけん大会」は、それぞれの国のじゃんけんを興味深そうに聞きながら、上手にタイミングを合わせていました。
それぞれ勝者には、大学名物 昭和大学まんじゅうがプレゼントされました。






 

大学院留学生、学部留学生「留学生の日」

 2012年10月6日(土曜日)、国際交流センターでは本学で学ぶ学部留学生・大学院留学生に、日本の歴史、文化に親しんでもらおうと東京国立博物館に出かけました。この日はちょうど東京国立博物館で「留学生の日」が催されており、留学生と付き添いの日本人は無料で入館することができました。今年は本学学生3名がスチューデントインストラクターとして参加し、留学生をエスコートしてくれました。

 最初に、法隆寺宝物館を見学しました。1階の展示室には一面に金剛仏が整然と並んでいて、それを見た留学生達から思わず歓声が上がったのは印象的でした。
次に本館に行き、展示された屏風絵や刀・兜を見ては、日本の国宝の美しさに驚いたり、自分の国と比較したりして話が弾んでいました。
 
 
    
 
 次にお茶会に参加しました。慣れない正座にもぞもぞ動きながらもお点前を興味深く見学していました。いざ自分の前に点てられたお茶が出されると、周りをきょろきょろ見回しながらお抹茶を味わっていました。

   

 敷地内にあるレストランでお昼をいただいた後、国立博物館を後にして上野公園の桜並木を散策し、野口英世、西郷隆盛の像を見て、アメ横を通って帰路につきました。


        

大学院留学生、正課大学生、学部留学生「留学生交流会」


 11月30日(水曜日)、大学院留学生達と本学の学生や担当教員との交流を目的に留学生交流会を開きました。
10月に改築された13号館の多目的室を使用しましたが、一般家屋のリビングということで、ホームパーティのような雰囲気で行うことができました。参加者がどのくらい集まるかと杞憂していたのに反して、本学学生31名、教員・事務など8名の参加があり、部屋いっぱいに乾杯の音頭が響きわたりました。
 参加した留学生は、大学院留学生6人、大学院生2人、学部留学生2人で、中国、イタリア、オーストリア、モンゴル、インド、インドネシアと世界各地からの出身者で、留学生と本学生たちも各国を回るようにそれぞれの留学生と身振り手振りで積極的にコミュニュケーションを図っていました。
 留学生の自己紹介の後、お楽しみの昭和大学まんじゅう争奪「じゃんけん大会」を行いました。それぞれ日本、イタリア、インドネシア、中国、モンゴル式のじゃんけんで勝ち負けを決めました。イタリアの「ボン!バー!レー!ジュン!」のかけ声で元気にじゃんけんをした後、インドネシアのじゃんけんでは自分が勝ったのか負けたのかわからないというハプニングもあり、大いに盛り上がりました。
  

大学院留学生修了授与式

2013年3月5日 大学院留学生の修了授与式が行われました。




ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000