ホーム > 大学紹介 > 理事長挨拶

理事長挨拶

医系総合大学として、人間味あふれる臨床実地家を育てる

学校法人 昭和大学 理事長 小口 勝司

創立者・上條秀介博士が「至誠一貫」の4文字に込めた思いとは、他者の価値観を認められる人間味あふれる臨床実地家を育成すること。それは4学部を擁する「医系総合大学」へと発展した今日まで脈々と受け継がれています。単に知識と技術だけを教えるのではなく、豊かな人間性をはぐくみ、確かなコミュニケーションスキルを身につける場であること。昭和大学が社会に果たす役割は、まさにそこにあるのです。

例えば、1965年に始まった富士吉田キャンパスの「初年次全寮制教育」。異なる学部の学生が寝食を共にする1年は、チーム医療の基礎となる他者を思いやる心と、将来医療人として不可欠な人間性を養う貴重な時間です。私自身、学生時代にこの寮生活を経験し、その意義を肌で感じています。

そして、重要な役割を果たすのが8つの附属病院です。地域医療機関としての役割はもちろんのこと、社会貢献できる人材を育てることが使命と考える本学にとっての大事な「教育の場」でもあります。優秀な薬剤師や看護師を臨床教員として採用するなど、その機能のさらなる充実を図っています。

また、1928年から始まる本学の歴史の中には、親子で昭和大学卒業という方が少なくありません。3世代という方もいらっしゃいます。これも創立から続けてきた教育理念が評価されているのと同時に、教育成果に対する期待が高いからこそと自負しています。

こうした期待に応えるためにも、今後も改革・改善を推し進め、すべてのスタッフが昭和大学は“日本一 ”であると誇りに思える医系総合大学を目指してまいります。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000