ホーム > 大学紹介 > 大学の歴史

大学の歴史

草創期 (1928~)

創立の地、旗の台は当時旗ヶ岡と呼ばれ、校歌にも旗ヶ岡と謳われております。
産婦人科学教授で俳人の水原秋櫻子が「すすき野に大学舎成りぬあゝ五十年」と詠んだように、一面の芒野を刈り着々と施設が整備されました。そして、戦中・戦後の苦難の時代を経て、薬学部、看護学校の設置と、医系総合大学に向けての礎が固められていきました。

成長・発展期 (1965~ )

富士吉田キャンパスにおいて、初年次全寮制を実現。他学部の学生との共同生活や交流を通じ、医療人としての豊かな人間性を培う環境を整えました。
続いて歯学部を設置。大学附属病院による高度医療や地域医療を充実させるとともに、海外にも活躍の場を広げ始めるなど、医系総合大学として発展していきました。

充実期 (1990~ )

時代のニーズを先取りしながら、教育システム・スタッフを充実、附属病院、教育・研究施設、研究機関も拡充。
保健医療学部の設置により医学部、歯学部、薬学部とともに4学部を擁する類のない私立医系総合大学へと発展しました。専門分野のさらなる進化と連携を図るなど、その実績は国際的にも高く評価されています。

関連リンク

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000