ホーム > 入試関連情報(2018年度) > 医学部入学試験における文部科学省の指摘事項について

医学部入学試験における文部科学省の指摘事項について

2018年10月15日

受験者の皆様
関係各位  

 文部科学省により実施されました医学部の入学試験に関する8月の書面調査、9月の訪問
調査および聴き取り調査の結果、同省から2点の指摘を受けました。1点目は二次試験時の
高等学校調査書の評価において、現役受験生、1年浪人受験生に対して加点をしていたこと。
2点目は一般選抜Ⅱ期入学試験の合格者決定において募集定員20名に加え、補欠者のうち
から本学同窓子女を優先的に合格させていたこと。
 公平、公明性が求められる入学試験に関しまして適切でない運用との指摘を監督官庁よ
り受けましたことは、本学医学部を受験していただきました受験生の皆様、これから受験
を検討されています皆様および社会の信頼を損なうものであり、深くお詫び申し上げます。
 このことにより不利益を被られました受験生には、誠実に対応する所存でございます。
 ご指摘を受けましたことを真摯に受けとめ、評価基準並びに合否判定の運用を改め入学
試験を実施してまいります。

【文部科学省から指摘のあった評価基準、合否判定】
 1.二次試験における調査書評価
    一次試験(学力試験)合格者に対して行われる二次試験時の高等学校調査書の評
   価において、現役受験生、1年浪人受験生に対して加点をしていたこと。

 2.一般選抜Ⅱ期入学試験における合格者決定
    一般選抜Ⅱ期入学試験において、募集定員20名に加え、補欠者のうちから本学同
   窓子女を優先的に合格させていたこと。

【本学の今後の取り組み】
 1.二次試験における調査書評価
    現役受験生、一年浪人受験生については、将来性を評価して二次試験(面接・小
   論文・調査書による総合判定)において複数ある調査書評価項目の一つとして現役
   受験生・一年浪人受験生に加点を行いました。
    今回の指摘に従い、平成31年度入試より調査書評価項目から現役受験生・一年浪
   人受験生への加点に関する項目を削除致します。

 2.一般選抜Ⅱ期入学試験における合格者決定
    一般選抜Ⅱ期入学試験につきましては、入学者の確定が急がれる中、募集定員20
   名の合格者に加え、辞退者を見込み、その見込み数について補欠者のうちから本学
   同窓子女を優先的に合格させておりました。
    今回の指摘に従い、平成31年度一般選抜Ⅱ期入学試験において、募集定員20名
   のみを合格者と致します。

 3.不利益を被られた受験生への対応
    不利益を被られました受験生には、誠実に対応してまいります。

 4.第三者委員会の設置
    本件の再調査並びに今後の対応について第三者委員会を設置することと致します。


平成30年10月15日  
昭 和 大 学

ページ先頭へ戻る

「入試関連情報(2018年度)」に戻る

    • 医学部入学試験における文部科学省の指摘事項について
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000