ホーム > 入試関連情報(2018年度) > 平成29年度・平成30年度医学部入学試験の合格種別の変更および追加合格について

平成29年度・平成30年度医学部入学試験の合格種別の変更および追加合格について

2019年2月13日

受験生の皆様

                                          昭和大学


 文部科学省より不適切とのご指摘を受けました本学医学部の入学者選抜につきまして、外部有識者を構成
員とする第三者委員会(以下、「委員会」という。)を設置し、入学試験に関する資料の精査および関係者
からの聴き取り等の調査を実施いたしました。解決すべき課題である平成29年度、平成30年度の受験者へ
の対応につきまして委員会から提言を受けましたので、速報として報告いたします。
 なお、委員会には、平成31年度入学試験が公平、公明に実施されているかにつきましても検証を依頼して
おり、平成31年度入学試験が全て完了し、その検証結果をもって委員会の最終報告を受けることとなります。


1.再調査結果による委員会の提言(概要)
 
 ①一般選抜入試Ⅰ期およびⅡ期の二次試験に用いる「高等学校調査書配点基準」で現役受験者、1年浪人
  受験者にのみ加点されていた措置
 ②一般選抜入試(Ⅱ期)において行われていた同窓子女受験者に対する優遇措置

  ①②を排除して再評価を行った結果、合格種別の変更(補欠繰上げ合格から特待生合格となる者)、追
  加合格(補欠者から補欠繰上げ合格となる者)が妥当と判断される受験者がいることから、この対象者
  に対して入学の意思を確認し、入学の希望があった場合には、平成31年度に入学を認めること。

2.本学の対応

(1)委員会から提言のあった入学の意思を確認すべき全ての受験者について、個別に意思の確認をおこな
   いました。この結果、平成29年度の合格種別変更該当者8名のうち、1名は既に本学に入学している
   学生であることから、特待生としての取扱いとします。そのほかの7名のうちから入学の意思表示が
   あった受験者はいませんでした。また、平成30年度の合格種別変更該当者9名のうち、1名は、既に
   本学に入学している学生であることから、特待生としての取扱いとします。そのほかの8名のうちか
   ら入学の意思表示があった受験者はいませんでした。

   平成29年度の追加合格該当者9名のうち、入学の意思表示をした受験者は3名、そのほかの6名からは
   入学の意思はありませんでした。
   平成30年度の追加合格該当者7名のうち、入学の意思表示をした受験者2名、そのほかの5名からは入
   学の意思はありませんでした。 入学の意思表示をした計5名の受験者については、平成31年度入試合
   格者として入学していただきます。

(2)上記の対応は、文部科学省の「医学部医学科の募集人員減への臨時的な措置について」を活用するも
   のであり、平成31年度医学部募集人員は下記のとおりで変更はありません。

  ①一般選抜入試(Ⅰ期)
      募集人員78名
  ②大学入試センター試験利用入試(B方式:地域別選抜)
    募集人員12名
     北海道・東北・北関東 2名
     南関東        2名
     東京         2名
     中部         2名
     北陸・近畿・中国   2名
     四国・九州・沖縄   2名
  ③一般選抜入試(Ⅱ期)
    募集人員20名

(3)平成31年度以降の入学試験につきましては、一般社団法人全国医学部長病院長会議から発表されまし
   た「大学医学部入学試験制度に関する規範」(平成30年11月16日発表)並びに、一般社団法人日本
   私立医科大学協会から発表されました「日本私立医科大学協会加盟29大学の申し合わせ事項」(平成
   30年11月20日発表)に基づき、公平、公明、公正な実施をおこなってまいります。

ページ先頭へ戻る

「入試関連情報(2018年度)」に戻る

    • 平成29年度・平成30年度医学部入学試験の合格種別の変更および追加合格について
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000