ホーム > 入学案内 > アドミッションポリシー

アドミッションポリシー

医系総合大学である昭和大学は「至誠一貫」の精神を体現する医療人の育成を目的に、次のような学生を広く求めます。

入学後の学習についていけるだけの学力はもちろん重要ですが、人間性や意欲を重要視しています。そのため本学の入学試験は学科試験だけではなく、面接・小論文を取り入れているのが特徴です。これは受験のハードルを高める意味ではなく、一人ひとりの学生の人間性や意欲をしっかりみたいという考えからです。皆さんの医療人への想いや情熱を入学試験で伝えてください。

求める人材

  1. 常に真心を持って人に尽くす意欲と情熱のある人
  2. チーム医療を担うための協調性と柔軟性のある人
  3. 医療や健康に関わる科学に強い興味を持つ人
  4. 自ら問題を発見し解決する積極性のある人
  5. 医療を通じた国際社会への貢献に関心のある人
  6. 一年次の全寮制共同生活・学習に積極的に取り組める人

至誠一貫とは

「至誠一貫」とは相手の立場に立って”真心”をつくすという意味です。
医療は弱い立場にある人々に奉仕する仕事です。
医療従事者の本来のあり方を深く考えて、この建学の精神を礎としました。
昭和大学は、未来に向けて「至誠一貫」のフラッグを掲げ続けていきます。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000