ホーム > 入学案内 > 薬学部サマーオープンキャンパスについて<事前申込制>

薬学部サマーオープンキャンパスについて<事前申込制>

薬学部サマーオープンキャンパスを開催します。昭和大学病院の薬剤部・救急センターの見学、「医療を支える臨床薬剤師」を体感できる模擬体験コーナーや、寮生活の紹介コーナーなど昭和大学ならではのプログラムが盛りだくさんです。奮ってご参加ください。

参加申し込みについて

申込フォームから氏名、電話番号、参加人数(本人・家族)、希望学部学科を入力し、申し込んでください。なお、電話での申込みは受け付けておりません。当日参加も大歓迎です。

申込方法  申込みフォームはこちら 


期日・会場

日時
平成30年8月3日(金)11:00~14:30
平成30年8月4日(土)9:30~13:00

場所 
昭和大学 旗の台キャンパス
 

 

プログラム(下記は予定であり、変更の可能性があります。)

説明・相談

プログラム

内容

薬学部の特色説明

昭和大学の特色であるチーム医療教育を紹介します。

薬学部入試説明会

入学試験の概要や入試情報について説明をします。

臨床薬剤師へのキャリアアップ説明

卒業後の臨床薬剤師へのキャリアアップについて説明します。

国際交流紹介

グローバルな交流プログラムを紹介します。

在学生による寮生活紹介

富士吉田キャンパスの寮生活について紹介します。

体験・見学

●昭和大学病院の薬剤部・救急センターの見学
※救急センター見学は8月4日(土)のみ 

見学プログラム

内容

チーム医療で、患者に適切な
薬物治療を提供する

~病院薬剤部・救急センター見学~

患者さんの病態を理解し、科学的な根拠と薬の特性に基づいて、適切な薬物治療を提供することが重要です。
昭和大学病院の薬剤部見学とともに、医療チームのメンバーと連携しながら勤務している臨床薬剤師の話を聞くことができます。


 

 ●「医療を支える臨床薬剤師」模擬体験

体験プログラム

内容

個々の患者に適した薬を調製する
~点滴薬の調製体験~
抗がん剤に代表される点滴薬の調製は個々の患者さんに適した混合が必要です。
クリーンベンチ内での注射器等を使った点滴薬の調製が体験できます。
キチンと薬が飲めるように支援する
~服薬支援体験~
高齢者や運動障害のある患者さんには、安全にお薬が飲めるよう、薬剤師からの服薬支援が必要です。
薬剤が簡単に取り出せる器具、薬がツルッと飲みやすくなる水オブラート法、そしてお薬を壊して飲みやすくする簡易懸濁法が体験できます。
薬の効果を評価して副作用を回避する
~バイタルサイン測定/採血体験~
薬を服用後にその効果や副作用の有無を確認することは薬剤師の重要な仕事です。
薬効評価に有用な指標である血圧・脈拍・肺音・腸音等の測定手技等が体験できます。
また、未来に向けて、血液中の薬物濃度を測定するための静脈採血手技や救急時の心肺蘇生法も体験できます。




●模擬講義

講義タイトル

内容

【8/3(金)】
①生薬について(仮)
   ②危険ドラッグについて
【8/4(土)】
①生薬について(仮)
   ②がん治療薬について
昭和大学の教員による模擬講義を行います。


●研究室見学

プログラム

内容

薬学研究を通じて医療の発展に貢献する
~研究室見学~
病院や薬局など臨床現場での問題点を研究室に持ち帰り、様々な研究手法により、問題の解決に導くことができる研究能力は、薬剤師の職能の1つです。
実験の様子、研究室の雰囲気、そして様々な実験器具が見学でき、さらに最新の研究成果も学べます。

展示

 プログラム

内容 

各研究室の研究内容展示 各研究室の研究内容について展示しています。
生薬標本室見学 約250種類の生薬を展示しています。
在学生によるクラブ活動紹介 漢方生薬研究会活動を紹介します。
DVD上映 「薬学部の紹介DVD」と「富士吉田での寮生活DVD」を上映します。

お問合せ・交通アクセス

昭和大学学事部入学支援課
〒142-8555
東京都品川区旗の台1-5-8
TEL 03-3784-8026
●東急大井町線・池上線旗の台駅東口下車徒歩5分

MAP

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000