Showa University

FUJIYOSHIDA CAMPUS

須長 史生
Fumio SUNAGA

社会学

須長 史生

略歴

1966年  東京に生まれる
1999年  東京都立大学社会科学研究科 後期博士課程 退学
2007年~ 昭和大学富士吉田教育部 准教授 現職

講座名・授業内容

専門は社会学です。授業ではジェンダー現象や若者論(友だち地獄)などを講じています。

メッセージ

大学は「真理探究の最高学府」です。他人の視線や損得勘定に左右されることなく、徹底的に真理を探究することこそ全大学人に求められるべき姿勢です。そしてそれを実現するために何よりも大切なものが自由です。
自由を身につけた主体性ある学生との出会いを楽しみにしています。

私が須長先生を紹介します!

昭和大学富士吉田校舎で、一年生の社会学を担当されています。須長先生の授業では、ジェンダーなどの世界的な問題から、寮での人間関係に至るまで、広い知識と、新しく刺激的な考え方を学ぶことができます。特に、「社会関係と自己」では社会構造を自分の身近な人間関係に当てはめることで、寮での人間関係を分析でき、寮生活が一段と興味深いものになります。もちろん、社会学の知識をつけておくことは、医療を学ぶ上でも重要です。また、先生は博学で、ユーモアもお持ちなので、お話しするととても楽しいですよ。
先生は、本当によく学生の気持ちを理解してくださる方で、寮生活という特殊な環境での生活を全面的にサポートしてくださいます。また、学生と一緒に様々な行事に参加してくださったり、吉田の観光に連れて行ってくださったり、先生とはたくさんの思い出ができました。
とても個性的で他にはいないような先生ですが、なかでも印象的だったのは、須長先生が他の先生の社会学的な分析をしていることです。それを聞くのが学生にとってはとても斬新で面白いです。ぜひ聞いてみてください。また、先生とは恋愛の話や、音楽の話などいろいろな話題で盛り上がったのを覚えています。
私事ではありますが、一年間部屋コンでお世話になり、須長先生に出会って、その人柄に衝撃をうけ、自分の考え方が変わりました。出会えてよかったと思っています。部活の新歓などで吉田に戻って、また先生とお話しするのがたのしみです。

加藤 はるか

医学部 2年 加藤 はるか

Copyright © Showa University All Rights Reserved.
PAGE TOP