ホーム > 大学院・専攻科 > 大学院歯学研究科 > 研究科の特徴・理念

研究科の特徴・理念

昭和大学大学院アドミッションポリシー

 昭和大学大学院は「至誠一貫」の精神をもとに、より高度な医療や研究に邁進し、人類の幸福に貢献する人材の育成をめざしています。
 入学選抜にあたり、私共は次のような多様な学生・社会人を広く求めます。
1.医療・健康・生命科学の専門知識を深く追求する意欲のある人
2.常に探究心を持ち、先進的な医療を担う意欲のある人
3.自らの活動領域を拡げ、医系総合科学を発展させる意欲のある人
4.さまざまな分野の専門家と共に、先端的・独創的な研究を志す人
5.社会での実践から得た知識と経験を体系化し還元する意欲のある人
6.国際的視野を持ち、国内外へ向けて広く成果を発信する意欲のある人
7.真摯に学び、高い倫理性と豊かな人間性を持つ指導者を志す人

歯学研究科アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

  1. 高い倫理観と使命感を備え、歯学・歯科医療分野で活躍し、社会に貢献する意思を持つ人
    歯科医学は、あらゆる世代の口顎領域に生ずる病気や障害を予防・根絶ないし除去し、人々の健康の維持・増進に寄与する健康科学の一分野です。歯科医師は、常に病人を思いやる心を持っていることが大切です。自分を律しながら患者さんの人権を尊重し、医療に携わる人々と協調し、患者さんのための歯学・医療に対する使命感と倫理観を持った人を求めます。
  2. 知的好奇心に富み、科学的探究心・創造力を発揮できる人
    歯学研究とは、自然科学のほか幅広い学問が必要とされます。このため、理系の学力を重視しますが、文系の科目に関しても基礎的な知識を持った人を求めます。
  3. 高度な知識・技術を獲得し、さらに応用・発展をめざす人
    大学院を設置する医系総合大学の歯学部としての特性を生かし、健康科学に貢献できる創造力を備えた歯科医療人の育成と口腔科学研究者になり得る人材の育成を目的としています。
  4. 国際的な視野を持ち、社会や科学の問題にあたる意欲を持つ人
    今日、歯学研究は、国際的な連携のもとで実施されることが益々多くなっています。したがって歯学研究科は国内ではもちろんのこと、国際的にも口腔科学研究の一大拠点として、競争的環境の中で個性を重んじる研究活動、教育活動、診療活動、ならびにそれぞれにおける社会貢献を展開することを基本理念として掲げています。このため国際的な視野で物事を考え行動できる人を求めます。

歯学研究科カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

  1. 生命科学の基盤の上に、歯学並びに関連諸分野に関する深い洞察力と専門的知識の習得に加えて、課題探求能力を備えた研究者並びに高度な知識と技術を有する専門職業人養成のための教育を行う。
  2. 歯学研究科の教育は、講義、演習、実習および学位論文の作成等に対する指導により行う。
  3. 関心ある科目を幅広く学習し、主科目以外の学問領域への関心を拡げ学際的視点を養えるよう、「口腔科学特論」ならびに「臨床特論」を開講する。
  4. 自立して研究を行うために必要な研究手法および研究遂行能力を身につけるための実践的教育を「研究入門」により行う。
  5. 国際的に活躍できる自立した研究者を養成するための英語教育を行う。
  6. 国内外の学会・研究会等に参加し、幅広い視野を確立し成果を発信する能力を養う。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000