ホーム > 大学院・専攻科 > 大学院歯学研究科 > 研究科長あいさつ

研究科長あいさつ

大学院 歯学研究科長 高見 正道

- 歯科医学研究の水先案内人として -

歯学研究科長の写真大学院 歯学研究科長
高見 正道

超高齢社会に突入したわが国では、国民の健康長寿を支えるために歯の保存や口腔機能の維持が重要であることが認識され、歯科医療への期待が高まっています。このような社会の変化とニーズに応えるための歯科医療研究ならびに優秀な人材育成こそ、私たち歯学研究科の責務です。

歯学研究科では、口腔と全身疾患との関わり、口腔疾患予防、デジタル歯科技術など、口腔機能の育成・維持・回復のための基礎・臨床研究の成果を医療現場に還元することで国民の健康に貢献しています。また、本学のもつ広域かつ先鋭な研究力を背景に、新しいステージの歯科医療の創生(デンタルイノベーション)を目指しています。

大学院教育においては、 きめ細やかなサポートにより国際的に活躍できるリーダーの養成に力を入れています。その特色として、社会人受入制度により臨床研修と大学院の研究が同時進行可能なことや、海外邦人医療基金(JOMF)との共同で大学院生を歯科医師として定期的に海外診療に派遣していることなどが挙げられます。

このように歯学研究科は、歯科医学研究の水先案内人として、わが国の歯科医療の発展を牽引します。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000