ホーム > 大学院・専攻科 > 助産学専攻科 > カリキュラム

カリキュラム

年間スケジュール

 

授業科目

保健医療学部看護学科には助産師課程はなく、助産師を目指す学生さんは、昭和大学助産学専攻科に進学します。助産学専攻科では、助産師になるために、以下の4つの領域に分かれた科目を基に、1年間学びます。

1. 教養学領域

助産師として勤めるために、専門家としての基礎知識、姿勢、倫理的観点や情報活用能力の基礎を修得するための科目を構成しています。

2. 基礎助産学領域

助産師として妊産褥婦、新生児またその家族への支援を行うための、基礎概念、意義、助産師の責務等を学び、妊娠・分娩・産褥・新生児の異常を診断するために必要な基礎知識、各期の疾患等の修得する科目を構成しています。

3. 臨床助産学領域

周産期における分娩開始の診断や分娩経過中の助産診断能力を身につけ、症例検討やそこから導き出された援助の練習等を通し、根拠に基づいた助産実践能力を養うための科目を構成しています。

4. 実践助産学領域

女性のライフステージ各期における、家族を含めた専門性の高い援助を提供するために、助産業務の実践とそれに関連した助産管理の必要性を理解し、また、地域母子保健の意義、母子保護の国際化などを理解していきます。
 

区分
授業科目
年次
単位数
時間数
履修方法
卒業要件
教養学領域
ジェンダー論
前期
1
15
必修
 
倫理学
前期
1
15
必修
英語
前期
1
15
必修
情報リテラシー
前期
1
15
必修
小計(卒業要件)
4
基礎助産学領域
助産学概論
前期
2
30
必修
 
基礎助産論Ⅰ
前期
1
30
必修
基礎助産論Ⅱ
前期
2
30
必修
基礎助産論Ⅲ
前期
1
15
必修
小計(卒業要件)
6
臨床助産学領域
 
臨床助産論Ⅰ
前期
2
60
必修
 
臨床助産論Ⅱ
前期
2
60
必修
臨床助産論Ⅲ
前期
1
30
必修
臨床助産論Ⅳ
後期
1
15
必修
小計(卒業要件)
6
実践助産学領域
 
実践助産論Ⅰ
通年
2
30
必修
 
地域母子保健
後期
1
15
必修
助産管理論
前期
2
30
必修
助産学実習Ⅰ
(基礎実習)
前期
1
45
必修
助産学実習Ⅱ
(分娩介助実習)
後期
5
225
必修
助産学実習Ⅲ
(継続事例)
通年
2
90
必修
助産学実習Ⅳ
(地域・助産所)
後期
2
90
必修
助産学実習Ⅴ
(管理)
後期
1
45
必修
助産学研究
通年
2
60
必修
小計(卒業要件)
18
合計(卒業要件)
34

授業風景

授業風景                           助産学概論(ガイダンス:こんな助産師になりたい)
 

   
臨床助産論Ⅰ(出産準備教室の設営・運営)

   



臨床助産論Ⅱ(産痛緩和、アロマセラピー)     臨床助産論Ⅱ(分娩介助技術演習)

 


実践助産論Ⅰ(合併症のある妊娠期の対象への栄養支援:調理の実際)


実習施設

●病院
昭和大学病院
昭和大学江東豊洲病院
昭和大学藤が丘病院
昭和大学横浜市北部病院

●助産所
助産院バースあおば
豊倉助産院
みやした助産院
山本助産院

●地域
神奈川県内の福祉保健センター

在校生の声

関根 由紀子さん


 
私は保健医療学部を卒業してからそのまま助産学専攻科に入学しました。入学してからは、朝から晩まで学校で勉強をして忙しくも充実した日々を送っています。グループワークも多く、自分たちで考え、プレゼンテーションすることでより理解が深まり、学生同士の話し合いも多くすることで仲も深まっていきました。これから出会う多くのお母さんや家族にとって「良いお産だった」と思っていただけるようになるため、頭も体も心も鍛えています。その過程には辛いこともあると思いますが、一緒に勉強している仲間たちと辛いことも嬉しいことも共有しあいなが、短くも長い1年間を頑張っていきたいと思っています。

見富 藍さん


私は他大学看護学部を卒業して、本学に入学しました。本学は「至誠一貫」という教育理念に伴い、自らの助産観の育成支援が積極的に行われています。また自立性を求めることも教育目標として挙げられていると共に、月に1回の教員との個人面接や臨床教員制度等を通して、それらを養う為の体制が充実していることも本学における魅力の一つであると考えています。4月からの生活は、想像以上に大変なものですが、仲間と家族、教員の方々、そして何より対象者の方々への感謝を忘れず、自分の理想とする助産師になることが出来るよう努力していきたいと思っています。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000