教育理念

教育目的

本学の教育理念である「至誠一貫」を基に、女性の全生涯を対象に、家族・乳幼児・地域社会も視野に入れ、女性の主体性を尊重したウィメンズヘルスを支援できる豊かな人格と教養を兼ね備えた人物を育成する。さらに、安全で質の高い助産ケアを提供し、医療・保健・看護・福祉の向上に寄与し、国内外に発信できる助産師を育成する。

教育目標

1)「至誠一貫」の理念を基に、対象や環境への温かい心と誠意を持ち、母子および家族や地域と、良好な信頼関係を基盤
  として、助産師としての機能を発揮することができる。
2) 女性の生涯を通じた性と生殖の健康を支援する上で、助産師として多様な価値観を尊重できる能力を養い、ライフ
  ステージ各期の健康問題に対応することができる。
3) ウィメンズヘルスにおける科学的根拠に基づく科学的思考により、適切な判断と実践をすることができる。
4) 地域での母子保健のニーズを的確に捉え、医療・保健・看護・福祉のチーム医療に貢献できる姿勢と能力を身につける
  ことができる。
5) 日常生活を送る対象や乳幼児、家族を身体的・精神的・社会的に判断し、家族としての機能が十分に発揮できる
  ような、コンサルテーション能力や技能を学び、教育や支援ができる。
6) 自学自習を基に、医療・科学の進歩に対応できる高度で最先端の能力と専門的助産実践能力(知識・技術・人間性)を
  身につけることができる。
7) 国際化する社会において、さまざまな文化を積極的に受け入れる柔軟性を持ち、助産師の専門性を追求しながら、
  国際的視点を身につけることができる。
8) 助産師としてのアイデンティティを追求し、自律した専門職業人として、未来へ向けての助産学の発展をめざすと
  共に、実践能力の維持・向上のために自己啓発することができる。

教育概念モデル

看護基礎学力を基盤とし、知識、技術、人間性の育成の助産実践能力の向上により、高度で専門性のあるウィメンズヘルス支援を遂行でき、助産師として自律し、自立した専門職としての役割を担える人材を育成するために以下の4つを中心とした教育概念モデルとする。

1) 高度医療にも対応できる安全で快適なマタニティヘルス支援
2) 生活行動に配慮したパートナーや家族の支援
3) 健やかなライフステージ各期のリプロダクティブヘルス支援
4) 地域を視野に入れた乳幼児発育支援




アドミッションポリシー(このような学生を求む)

1) 助産師になることを強く希望する人
2) 日々進歩する医学、生命科学などの医療や健康に関わる科学を理解・適用するために必要な、科学的思考力の基本となる理系科目の基礎学力を有する人
3) 医療を通じた国際貢献についても関心があり、外国語の基礎学力を有し、学習を続ける意欲のある人
4) すべての学習の基本となる記述力、読解力などの文章能力を備えた人
5) 助産学は“人間”を対象とした学問分野であり、出生前診断や生殖医療にも関わるため、豊かな人間性と倫理観をもっている人
6) 人と関わることに関心を持ち、他者の意見を傾聴し、その気持ちを理解できるように努めることができる人
7) 自己の意見を表現できる能力を持つために、課外活動、ボランティア活動、各種委員会等の活動を積極的に行い、コミュニケーション能力の基礎を学んできた人
8) 社会に対し積極的に関わり、専門職としての役割を果たし、地域医療に貢献する意欲のある人
9) 自己の心身の健康に留意し行動できる力を持っている人
10) チーム医療への理解を深め、実践していく意欲のある人
 

カリキュラムポリシー(教育方針および特徴)

1) 医学・歯学・薬学・保健医療学の医系の総合的な視点でウィメンズヘルスに役立つ支援内容が提供できる。
2) 科学的根拠に基づいた助産診断・助産技術を提供できるよう基礎的診断能力の向上に努める。
3) 女性の人権を基盤としたウィメンズヘルスを推進できる健康教育の知識と技術を提供するため、大学病院の助産師外来や院内助産所を活用する。
4) 思春期から更年期・老年期など女性の生涯にわたる健康課題に対応できる視野を身につけるために、大学病院の外来や地域での活動を実践し、対象の個別性にあった保健指導・健康相談を学ぶ機会を提供する。
5) 学生の主体性を重んじ、学習課題に取り組む授業形態を導入し、学生のアイデンティティを高めている。
6) 医療・科学の進歩に対応できる施設で臨地実習できる等、実習環境や指導体制が確保されている。
7) チーム医療を基盤として、他職種との相互理解と協働を推進する教育プログラムになっている。
 

ディプロマポリシー(修了証授与の方針)

昭和大学助産学専攻科では、建学の精神である「至誠一貫」の精神に基づき、対象への真心と誠実性を持ち、生命および女性の主体性を尊ぶ教育理念を根幹においている。
この精神に則り、助産学専攻科では以下のような能力を身に付け、かつ所定の単位を修得した学生には、修了が認定される(助産師国家試験受験資格を与える)。

1) 所定の単位数を習得し、主体的な学習習慣を身に付けた学生。
2) 助産の専門的な助産実践能力と共に、助産師としての基礎的能力を身につけた学生。
3) 豊かな人間性と祟高な倫理観を培い、助産師としての役割と責務、また思いやりの心を持つ豊かな人間性を身に付けた学生。
4) 高度化する周産期医療と共に、地域社会の母子保健に柔軟性をもって寄与する能力を身に付けた学生。
5) 多職種と連携する知識と行動力を持ち合わせ、発展させていく能力がある学生。
6) 知的好奇心を持ち、生涯にわたって助産師のアイデンティティを追求し、自己研鑚できる学生

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000