ホーム > 大学院・専攻科 > 助産学専攻科 > 専攻科長あいさつ

専攻科長あいさつ

昭和大学 助産学専攻科長
下平 和久

昭和大学助産学専攻科に興味を持ち、この文章に目を止めていただき有難うございます。

現代の助産師は、妊娠、出産のスペシャリストであるのは当然として、出生前、幼児期、思春期、性成熟期、更年期、老年期と言う、女性のライフステージ全体に積極的に関与し、さらに妊娠・出産を通して次世代の健康まで考える、いわば女性の健康のトータルアドヴァイザーです。

本専攻科では、思春期の性教育に実地に参加したり、更年期の心理テストを自分で行ったりして、女性の健康について様々な角度から学ぶカリキュラムが整っています。

もちろん、助産実習も他に類を見ない充実したものです。本専攻科は、本学付属の4つの大学病院で実習を行います。これらの病院はいずれも年間800件~1200件の分娩を取り扱い、優れた周産期の実績を上げています。正常分娩の数も多く、毎年多くの妊婦さんに、専攻科生の実習に快くご協力いただいています。

昭和大学病院は、MFICU9床、NICU15床を中核とした総合周産期母子医療センターとしての設備を持つだけでなく、救急医学科と連携した日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)の発信地でもあります。さらに、「母体救命対応総合周産期母子医療センター」(いわゆる「スーパー総合周産期センター」)として、合併症妊婦救急に全科横断で対応しており、日本における産科救急の一中心地と言って過言ではないと思います。また、NIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査)や超音波胎児ドックに代表される出生前診断においても日本の最先端を走っております。小児循環器センターと連携して、出生前診断された児の心疾患治療にも対応しています。

昭和大学横浜市北部病院は港北ニュータウンの中心にあり、地域周産期母子医療センターとして、子どもセンター、NICUと密接な関係を保って高度な周産期医療を行っています。さらに、マタニティハウスを擁してアメニティ重視の分娩を積極的に行い、さらには助産師主導の妊娠分娩管理にも取り組んでいます。NIPTや超音波胎児ドックについても、昭和大学病院とともに主導的な役割を担っています。

昭和大学藤が丘病院は、田園都市線沿線の中核病院であり、地域周産期母子医療センターとして活動しています。病棟は産科と婦人科の混合病棟で、妊婦だけでなく悪性腫瘍等の患者も積極的に受け入れ、総合的な看護能力を持った医療スタッフの教育に力を注いでいます。また、口唇口蓋裂センターと協力して、出生前診断された口唇口蓋裂の治療も行っています。

昭和大学江東豊洲病院は、2014年3月に開院したばかりの若い病院ですが、「女性とこどもに優しい病院」がキャッチフレーズで、ウオーターフロントに面し、銀座、お台場などの都心に隣接した病院です。分娩は全室LDRで、NICUを有し、新生児・未熟児医療に対応できる病院として、湾岸地区の周産期の中核となりつつあります。

 このような4つの特色ある病院で、本学の特徴である「臨床教員」の指導の下、充実した臨床実習が行われます。「臨床教員」は、各病院の病棟スタッフであるとともに、助産専攻科の教員であり、専攻科、保健医療学部の専任教員と常に綿密な連絡を取り合い、専攻科での座学も分担して専攻科生の教育に万全の態勢で臨みます。

また、各病院の医師はすべて昭和大学産婦人科学講座の医局員で、助産スタッフと連携して専攻科生の実習のサポートにあたります。専攻科生は、分娩ごとに、助産スタッフのみならず、医師からもフィードバックを受けながら、充実した実習を行うことができます。このような、教育スタッフ、助産スタッフ、医師の連携の良さは、本専攻科のみならず、本学全体が誇るべきものであり、「至誠一貫」をモットーとする「医系総合大学」である昭和大学の特徴だと考えております。

このような恵まれた教育環境ではありますが、1年間という短期間で、助産実践能力を身につけ、自律した助産師になるためには並々ならぬ努力が必要です。強い意欲と熱い情熱をもった方の入学を期待致します。

このホームページを訪れた方は、オープンキャンパスなどで、是非とも昭和大学助産専攻科をご訪問ください。一緒にお話しすることで、皆様の輝かしいキャリア形成のヒントが得られるかもしれません。教員、学生、卒業生ともども、お待ちしております。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000