科目紹介

助産学専攻科『助産師になって欲しい人が、今日もどこかにいる。』

保健医療学部看護学科には助産師課程はなく、助産師を目指す学生さんは、昭和大学助産学専攻科に進学します。助産学専攻科では、助産師になるために、以下の4つの領域に分かれた科目を基に、1年間学びます。

  1. 教養学領域では、ジェンダー論や倫理学などで、現代社会で起こっている性の問題や倫理的問題について、議論し、理解を深めます。
  2. 基礎助産学領域では、妊娠・分娩・産褥・新生児期の対象を理解するために必要な知識を習得します。さらに、助産師に期待される役割についての認識を深め考察し、助産師となる基盤を築くために、ポートフォリオを用い、助産師としてのアイデンティティ形成に役立てます。
  3. 臨床助産学領域では、分娩介助の支援技術を学ぶだけでなく、根拠性の高い助産診断能力を培い、助産援助を思考・創造する力を養い、科学的根拠に基づいた援助の提供を振り返る事ができる能力を育みます。また、妊婦とその家族を対象に健康教育を実施します。
  4. 実践助産学領域では、昭和大学附属4病院周産期センター等で助産学実習を行います。ローリスクからハイリスクまでの様々な対象の助産援助を通し、自らの助産観を構築します。

研究活動紹介

【思春期】
・中学生が抱く「生命」「性」「性交」のイメージに関する研究
 Study on images of "life", "sexuality" and "sex" held by Junior high school students.
・中学生用「性の健康心理尺度」の開発
 Development of 'Sexual Health Psychological Scale ' for Junior High School Students.

【妊娠期】
・HIV感染妊婦に関する研究
 Study on pregnant women infected with HIV.
・妊娠中の乳頭ケアに関する研究
 Study on the utility of the nipple care.
・妊婦の栄養に関する調査
 A study on the relationship between neonatal hypoglycemia and the maternal lifestyle which focused on nutritional status in pregnancy.

【分娩期】
・分娩時の助産ケアに関する研究
 Research on midwifery care during labor.

【産褥期】
・沐浴実施時の女性の身体負担に関する研究
 Study on women’s physical burden in bathig newborns.

【更年期】
・更年期に関する研究
 Research on menopause.

【助産師教育】
・本学における助産師教育の変遷と今後の展望
 History and Future Prospects of midwifery education in Showa University.
・助産基礎教育におけるポートフォリオ学習の効果
 The effect of portfolio learning on midwifery basic education.
・助産基礎教育から卒後教育までの一貫教育の取り組み
 Efforts of integrated education from midwifery basic education to post graduate education.

助産学専攻科の授業風景

  • 臨床推論(1)

  • 臨床推論(2)

  • 生命と性の健康教育@葉山中学校

  • JICA モンゴルの助産師教育支援

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000