ホーム > 大学院・専攻科 > 大学院医学研究科 > 研究科の特徴・理念

研究科の特徴・理念

医学研究科アドミッション・ポリシー(入学者の受入方針)

  1. 国内外で活躍する先端的・独創的な生命科学・医学研究者を目指す人
  2. 高度な専門知識と技術を持った臨床医を目指す人
  3. 病院、公的機関、企業等に在籍しながら研究を行い、博士号取得を目指す人
  4. 医学部以外出身者で出身学部の特性を生かした医学研究者を目指す人

医学研究科カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

  1. 生命科学の基盤の上に、医学分野に関する深い洞察力及び専門的知識の習得に加えて、課題探求能力を備えた研究者並びに高度な知識と技術を有する専門職業人養成のための教育を行う。
  2. 医学研究科には生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻の5つの専攻を設置し、大学院生はいずれかの専攻分野に属して研究を行う。
  3. 医学研究科の教育は、講義、演習、実習および学位論文の作成等に対する指導により行う。
  4. 医学研究を実施していく上での基本的な知識と技術を身につけるために、6つの共通科目(必修)を開講する。
  5. 共通科目は医学部以外の学部出身者が基本的な知識と技術を身につけるためのものでもあり、本学他学研究科の大学院生も受講することが出来る。
  6. 本学他研究科の共通科目を受講することができ、単位として認める。
  7. 医学研究科教授会が認めた国内外の大学、研究所等で研究を行うことが可能であり、単位として認める。
  8. 単位認定されている学内研究会・セミナーに出席した場合は、関連共通科目の履修時間として認める。
  9. 幅広い視野を確立し成果を発信する能力を養うために国内外の学会・研究会等に参加できる。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000