ホーム > 大学院・専攻科 > 大学院薬学研究科 > 研究科の特徴・理念

研究科の特徴・理念

薬学研究科の特徴

臨床研究と基礎研究の融合による相乗効果を生み出すことができる整備された研究環境が、薬学研究科の大きな魅力です。研鑽を積むことにより、臨床現場で感じた疑問の解決、そして多くの疑問を解決する能力を身につけ、新たな疑問や発見に寄与することが可能となります。さらに、指導者として後輩の育成にも大きく貢献することができ、研究現場のレベルの向上にも大きく寄与できます。医療系総合大学の大学院として医学研究科、歯学研究科、保健医療学研究科と連携を図りながら、先端的かつ独創的な薬学研究を推進する研究者、高度な専門性を発揮する薬剤師、高い知性と感性をもち、新たな分野に挑戦し続ける薬学教育者を養成し、人類の幸福に寄与することを目指しています。

薬学研究科の理念

【大学院薬学研究科の理念】 
 「昭和大学大学院薬学研究科は、薬学に関する先端的かつ独創的な研究を推進する研究者、高度な専門性を発揮する薬剤師、高い知性と感性をもち新たな分野に挑戦する教育者を養成することで、人類の幸福に寄与する。」


【薬学研究科カリキュラム・ポリシー (教育課程の編成方針)】

  1. 生命科学の基盤に立った、薬学並びに関連諸分野に関する深い洞察力及び専門的知識の修得を通して、課題探求能力を備えた研究者ならびに高度な知識と技能を有する専門職業人を養成するための教育を行う。
  2. 薬学研究科の教育は、講義、演習、実習および学位論文作成のための研究等に対する指導により行う。
  3. 研究を実施していく上での基礎的な知識と技能を身につけるために、全研究科共通科目を開講する。
  4. 専門分野及びその周辺にまたがる学識を幅広く涵養し、主科目以外の学問領域への関心を拡げ学際的視点を養えるよう、薬学研究科科目を開講する。
  5. より深い専門性を修得するために、専門薬剤師等の取得を支援するための専門科目を開講する。
  6. 国際的に活躍できる研究者および薬剤師を養成するための英語教育を行う。 国内外の学会・研究会等への参加を通して、幅広い視野の確立と、成果発信能力を獲得するための教育を行う。
     
【薬学研究科ディプロマ・ポリシー (修了認定・学位授与に関する方針)】
 博士の学位は、臨床的課題を中心とした薬学的に意義のある研究を実施し、博士論文をまとめる能力に対して認定される。学位取得には、所定の単位を取得し、研究成果を査読のある国際的学術誌に公表し、博士論文の審査に合格することが必要である。博士論文審査では、研究目的が明確であること、関連領域の情報を十分に学習していること、研究計画・方法が適切であること、研究結果が科学的に解析・評価されていること、論理的な考察が加えられていることなどが審査される。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000