ホーム > 大学院・専攻科 > 大学院薬学研究科 > 研究科長あいさつ

研究科長あいさつ

大学院 薬学研究科長 野部 浩司

大学院 薬学研究科長
野部 浩司

薬剤師に対する社会のニーズは近年ますます多様化しています。それは、薬剤師としての活躍の場が増えることを意味します。一方、これまでの薬剤師にとって主要な業務であった“薬剤の調合・分包、情報管理”などが次々と人工知能やロボットに置き換えられています。薬剤師が従来のように薬剤師免許を所有してルーチンワークをこなすだけでは、世の中の流れに埋没してしまうことが危惧されます。つまり、近未来の薬剤師は他の医療職や人工知能などに置き換えることができない“代え難い存在”となることが強く求められているのです。そのような“代え難い存在”となるための一つの答えが、私たち「昭和大学 大学院 薬学研究科」にあります。

薬学研究科では、医療における様々な分野において、「問題点を自ら発掘」し、それを「解析・研究」して「解決策を見いだす」ことのできる人材育成を目指しています。その実現のために、昭和大学が世界に誇る「医系総合大学」としてのチーム医療教育を基盤とし、個々の大学院生に対応した様々なコース、カリキュラムを用意しています。これらの中には、医学、歯学、保健医療学の各研究科との共同研究や、附属病院での臨床研究、新薬開発研究などの昭和大学大学院でしか成し得ない多くの学びの機会が含まれます。そして、これらにより高い研究能力と総合的な人間力を有する薬物の専門家、“博士(薬学)”を育成してゆきます。

私たちは、大学院薬学研究科で学んだ修了生が、それぞれの分野のプロフェッショナルとして“代え難い存在”となり、医療や社会をより良い方向に導くリーダーとなることを期待し、可能な限りの指導とサポートを続けています。ぜひ、私どもの元で自分自身の将来を創造する原動力を手にしてください。

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000