ホーム > 大学院・専攻科 > 大学院紹介

大学院紹介

医学研究科 博士課程

大学院医学研究科博士課程(4年)は、昭和34年(1959)に設置され、これまでに2,000名を超える修了生が医学博士の学位を得て、大学や病院をはじめとする医学教育・研究分野で活躍しています。年々本学出身者だけでなく、他大学からの進学者数も増えており、多様で活性化された大学院教育が行われています。

医学研究科ページはこちら

歯学研究科 博士課程

大学院歯学研究科博士課程(4年)は、昭和58年(1983)に設置され、これまで多くの修了者を歯学教育・研究分野に送り出しています。歯学研究科では、DNAレベルでの遺伝子研究や、コンピュータを用いた義歯作製などの先端的研究が行われています。また、高齢化社会が進むなかで、社会医学や福祉との関連した研究も展開されています。

歯学研究科 ページはこちら

薬学研究科 博士課程

薬学研究科は、昭和44年(1969)に設置、昭和49年(1974)に博士後期課程を増設、平成10年(1998)に医療薬学専攻を新設しました。
改正学校教育法および改正薬剤師法により、平成18年から薬学部では6年制課程がスタートし、薬剤師国家試験受験資格が6年制課程卒業或いは卒業見込となる時点に同期して、薬剤師職能教育は6年制に移行しました。
新課程の学生が6年生となる平成24年度を迎え、6年制薬学部卒業後に高度な専門性や優れた研究能力を有する薬剤師を目指す学生のために、更なる教育の提供や研究能力を養うための教育プログラムを提供することを目的とし、新たな4年制博士課程を設置いたしました。

薬学研究科ページはこちら

保健医療学研究科 博士前期(修士)・博士後期課程

保健医療学研究科 保健医療学専攻博士前期(修士)課程(2年)を平成19年4月に開設し、博士後期課程(3年)を平成24年4月に開設しました。

博士前期(修士)課程では、資格の違いを超えて共有できる「知と技の体系化」を目指し、高い専門性に基づく臨床実践及び臨床研究でリーダーシップを発揮し、チーム医療を推進できる人材の養成を目的としています。また専門看護師教育課程(CNS)が設置されております。

博士後期課程では、複雑かつ多岐にわたるリハビリテーション領域の重要課題に取り組む「リハビリテーション領域の保健医療学」を担う教育・研究者の育成を目指します。

保健医療学研究科ページはこちら

ページ先頭へ戻る

ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000