ホーム > 最新情報(2017年度) > 片桐 敬 名誉学長が瑞宝中綬章を受章しました

片桐 敬 名誉学長が瑞宝中綬章を受章しました

2017年5月2日

瑞宝中綬章を受章した片桐敬名誉学長

平成29年春の叙勲受章者が4月29日に発表され、片桐敬名誉学長が瑞宝中綬章を受章しました。

片桐名誉学長は、1967年に本学医学部を卒業、1969年に医学部第三内科(現循環器内科)に入局後、同講座主任教授、医学部長、富士吉田教育部長を歴任。

2010年から2013年7月まで学長を務めるなど、長年にわたり医学教育・研究の発展に尽力した功績が評価され、このたびの受章となりました。

片桐敬 名誉学長のコメント
今回、瑞宝中綬章受章の栄誉にあたり、大変に名誉なことと喜んでおります。個人的な業績よりも、昭和大学の社会に対する貢献が認められたものと考えております。今後ますます精進していかなければならないと決意を新たにいたしました

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2017年度)」に戻る

    • 片桐 敬 名誉学長が瑞宝中綬章を受章しました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000