ホーム > 最新情報(2017年度) > スポーツ傷害予防教室が開催されました

スポーツ傷害予防教室が開催されました

2017年8月25日

平成29年8月20日(日)、昭和大学横浜キャンパスにて昭和大学保健医療学部と昭和大学スポーツ運動科学研究所の共催によるスポーツ傷害予防教室が開催されました。
本教室は、横浜市内および川崎市内の公立中学校・高等学校の運動部指導者を対象に行われたもので、「上手なセルフケア・トレーニングの方法 ~指導者の悩みをサポート~」をテーマに実技を中心とした以下の講演が行われました。

1)スポーツ傷害の受傷メカニズム
  仲保 徹(昭和大学保健医療学部理学療法学科 理学療法士)
2)上肢のセルフチェックと運動療法
  田村 将希(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院 理学療法士)
3)腰痛とその予防について
  江澤 貴光(昭和大学横浜市北部病院 理学療法士)
4)膝の傷害を予防するには
  神原 雅典(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院・昭和大学保健医療学部理学療法学科 理学療法士)

終始和やかな雰囲気の中、実技を中心とした分かりやすい講義に、約30名の受講者は真剣に取り組んでいました。

  • 挨拶する下司 映一 保健医療学部長

  • 挨拶する三邉 武幸 スポーツ運動科学研究所所長

  • 仲保 徹 理学療法士(昭和大学保健医療学部理学療法学科)

  • 田村 将希 理学療法士(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)

  • 江澤 貴光 理学療法士(昭和大学横浜市北部病院)

  • 神原 雅典 理学療法士(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
    昭和大学保健医療学部理学療法学科)

ページ先頭へ戻る

「最新情報(2017年度)」に戻る

    • スポーツ傷害予防教室が開催されました
ページ先頭へ
Copyright(C) 学校法人 昭和大学 All Rights Reserved.
〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
電話番号(大代表):03-3784-8000